toggle
2013-05-08

Sleipnir4でダウンロードするたびに保存先フォルダを指定できるようにする設定

Sleipnirがver4になり、過去のSleipnir2と違ってブラウザ付属のダウンローダーがWebKitに準拠したものとなりました。

Downloading
Downloading / k3anan

設定次第なのですが、以前のSleipnir2ならダウンロードの都度、このように保存先フォルダの選択画面が表示されていました。

dwn_1

これがSleipnir4ではブラウザ下部にダウンロードバーが表示され、選択画面無しにそのまま保存先フォルダへ直送されるようになっています。

2013y05m09d_173100723

自分の場合はブラウザから何かをダウンロードする時は必ず同じフォルダに一旦保存するようにしています。
その為むしろこの仕様のほうが楽でいいのですが、以前のように保存先フォルダをダウンロード毎に指定したい時は少し不便です。

このSleipnir4のダウンロード保存先については、設定する事により保存の際に確認のダイアログを表示するよう変更する事は可能です。

Sleipnir4のダウンロードファイルの保存先を選択できるようにする設定

「ツール」→「エンジン設定」→「webkit設定」

2013y05m09d_154904072

設定画面のダウンロード項目で「ファイルごとに保存する場所を確認する」にチェック

2013y05m09d_154951574

これでWEB上で何かをダウンロードする際に、確認画面が表示され保存先を選択する事が可能になります。

dwn_2

逆に言うと、保存先を別に指定して「ファイルごとに保存する場所を確認する」のチェックを外しておくと好きな場所に保存先を固定する事が可能です。

ついでに何かSleipnir4のダウンロード機能を拡張してくれるようなChrome拡張機能がないかなと探してみたのですが、あまり面白いものは見つかりませんでした。

Sleipnir2のLorikeetのようなプラグインはないものでしょうか?

ダウンロード補助系のプラグインは、Firefoxのアドオンに比べChrome拡張はあまり充実していない印象です。

余談ですが、保存先のフォルダが階層の深いところにあったり、何カ所かあるけれどある程度場所が決まっているので毎回その場所までフォルダを辿るのが面倒、という場合にはフリーソフトのフォルダの足あとを使うと便利です。

これはアプリケーション毎に、過去にファイルを保存したフォルダを記憶し、その保存履歴をブックマークのようにしてワンクリックで保存先フォルダを指定する事ができます。

過去にそのソフトウェアで使用した事のあるフォルダしか表示されない為、不要なフォルダを辿っていく必要がなくなり、かなり作業が捗ります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus