toggle
2013-04-07

FTPクライアントソフトWinSCP Portableの設定を残したままアップデートする手順

最近ネット上ではWEBサーバーに対する不正アクセスが増えており、有名どころでもYahoo!JAPANやgooなどが被害にあっている様子です。

自分が借りているレンタルサーバーでも最近妙なアクセスが増えてきたので、今まで以上にセキュリティには気を遣うようにしています。

といってもパスワードを強固なものにして、接続も極力FTPは利用せずFTPSかSFTPを使うようにするといった程度。あとは使用しているソフトウェアやアプリの適切なアップデートです。

Uploading a webpage
Uploading a webpage / aditza121

今のところメインで使用しているFTPクライアントソフトはFilezillaですが、サブとしてWinSCPもインストールしています。

ちなみに両方共Portable版。

あまりWinSCPは使用する事がなかったので、なかば放置のような状態でしたが、久しぶりに確かめてみるとver.5.1.4が配布されていました(2013/4現在)。さっそくアップデートです。

Portable版なので、本家のサイトではなくPoratableappsから最新版をダウンロードしてくるわけですが、

こちらをダウンロードして旧版のWinSCP Portableへ上書きすると、接続情報等の保存したセッションや環境設定などが全部消えてしまいます。

そこで設定情報は残しつつアップデートをするようにしなければなりません。

いろんなやり方があるとは思いますが、旧版より設定情報をエクスポート、それを最新版WinSCP Portableへインポートというのが一番楽だと思います。

以下、その手順の覚え書きです。

WinSCP Portable設定情報のエクスポート

WinSCP Portableを起動してサイドの「設定」→「環境設定」をクリック

scp_1

表示された環境設定画面でサイドの「保存」をクリック。
「設定の保存」がINI file(Winscp.ini)になっていることをチェックしておきます。Portable版の場合、デフォルトでINI fileになっているはず。

scp_4

確認済みなら左下の「エクスポート」をクリック

scp_2

書き出す(エクスポートする)iniファイルを保存する場所を選んで「保存」をクリック。

scp_3

これで環境設定が保存されたiniファイルが書き出されます。
ファイルの名前はwinscp.ini。

2013y04m07d_134859549

WinSCP Portable設定情報のインポート

続いてエクスポートした設定を最新のWinSCP Portableで引き継ぎます。

ところがWinSCPには、上述したように「エクスポート」ボタンはあるものの、「インポート」という項目はありません。

そこで最新版のWinSCP Portableより
フォルダWinSCPPortable→Data→settingsへと進んでいきます。
するとwinscp.iniというファイルにたどり着きますので、

2013y04m07d_140823460

ここへ先ほどエクスポートした同名のwinscp.iniファイルを上書きします。

これでWinSCP Portableを立ち上げると、保存したセッションや変更した環境設定などが最新版へと引き継がれているのが確認できます。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus