toggle
2012-09-21

ラーメン大陸の開発は中止となったけれど、知っておきたいそーめん大陸活用法【Twitter】

Twitter社が8月に発表したAPIのバージョンアップとガイドラインの変更が、様々な開発者に影響を及ぼしているようです。APIのアップデートにはまだ対応出来るとしても、ユーザー数の制限には頭を悩ましている事でしょう。

Twitter Bird Sketch
Twitter Bird Sketch / shawncampbell

というよりも、Twitter社が方向性を変えない限りこの件の解決策はなさそうです。おかげで有名どころのTwitterクライアントがどんどん開発中止を宣言し始めています。

おそらく、来年の3月を契機としてTwitterの勢いは衰えていくことでしょう。
同じように収益化が全く見えてこないFacebookも遅かれ早かれ衰退していくような気がします。分かっている事ではありますが、これらの無料プラットフォームに浸りすぎるのは考えものですね。

さて、そんな状況の中あのTwitterクライアント「ラーメン大陸」も開発終了を宣言しました。

元々今年の頭ぐらいからあまり更新されていなかったので、ちょうどいいタイミングだったのかも知れません。
知る人ぞ知るサラリーマン御用達(色んな意味で)のTwitterクライアントだった訳ですが、今回終了という事で、開発者の方には今までお疲れ様でしたという気持ちです。

ただiPhoneアプリとしての開発は続けられるそうなので、完全に終了という事ではないみたいです。

さて更にそこから話は派生して、その「ラーメン大陸」をパクった(公式に)とされるTwitterクライアント「そーめん大陸」について

どうやらこちらは存続しているようで一安心です。

このそーめん大陸というクライアントは非常に便利。

どんなものかと言えばこんな感じ↓

so_1

何が出来るのかと言えば、Twitterアカウントに対して「ツイートする」それだけです。もちろんタイムラインは見られません。
リストって何?といったところ。

ただひたすらツイートするだけのクライアントです。

自分なりのそーめん大陸の使い方

それで一体何が出来るのかという話。

まずTwitterのアカウントを一つ作成。
そのアカウントには最初から鍵をかけ一切誰の目にも触れないようにしておきます。何か作業を開始、終了する毎にそのアカウントに対してツイートします。

例)

  • 定款認証必要書類作成開始

  • ○○会社設立書類作成終了

  • 法務局へ出発

  • 研修終了

などなど。

これにより、作業や日々のライフログがTwitterアカウントに自動的に記録される事となります。後で見返せば「何に対してどれだけの時間がかかったのか」が一目瞭然。

作業時間の計測ツールやログの記録ツールとしては様々なソフトウェアがありますが、それらの弱点はPCが起動していないと使えない事。そこを補ってくれるスマフォアプリなどが存在しますが、残念ながら自分はガラケー派。

その点このTwitterを利用する方法では、ブラウザからであろうがクライアントソフトからであろうが携帯からメールであっても全てに対応出来るのでとにかく便利です。
環境を選ばず、ツイートさえ出来ればいいのですから。

ただ問題は、普通にブラウザからタイムラインを覗いてしまうとついついそこで時間を消費してしまう事です。そこでそれを防ぐ為にこういったそーめん大陸のような、ただひたすらツイートするだけのクライアントが生きてくる訳です。

機能を単純化した結果、余計なものに目を奪われず、小さな窓からツイートするだけで効率的に作業ログを残せるようになります。

あと別にそこまでまじめに考えなくても、鍵付きのアカウントなので、人に見られたくないようなつぶやきや他人に知られるわけにはいかない感情のはけ口用途としてもおすすめです。

そーめん大陸の設定方法

事前にTwitterのアカウントを取得しておきます。

まずはそーめん大陸配布サイトよりファイルをダウンロード

2012y09m21d_233859453

ダウンロードした【SomenTairiku.zip】を解凍します。
すると4つのファイルを格納したフォルダが出来上がります。

2012y09m21d_234234421

使い方はREADME.TXTファイルに書いてあります。
と言ってもそもそも出来る事が少ないので、そんなに複雑に考える事はありません。

それでは最初にTwitterアカウントの連携の設定を行っていきます。
【SomenTairiku.exe】ファイルをダブルクリック

こんな画面が表示されますので【コード取得】をクリック

so_2

ブラウザが立ち上がり、Twitterとの連携について許可を求めてきます。
必要事項を入力して【連携アプリを認証】をクリック

2012y09m21d_235033453

PINコードが表示されます。

2012y09m21d_235223625

これを先程のコード認証画面に入力。【認証】をクリック。

so_3

そーめん大陸の構成ファイルの中に【data.dat】ファイルが出現していればOKです。

2012y09m21d_235501359

あとはSomenTairiku.exeをダブルクリックでいつでも呼び出せます。操作方法は、投稿したい内容を入力してCtrl+Enterでツイートするだけ。ちなみに自分はランチャーのCLaunchにSomenTairiku.jarを登録して使っています。

ついでにガラケーからもツイート出来るように設定しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus