toggle
2015-07-09

匿名で使えるバーチャルクレジットカードのバニラVisaオンラインを購入して登録してみた

最近ではすっかりリアル店舗よりネットで買い物をするほうが多くなってきました。たいていそういった時に必要になるのはクレジットカードです。

さすがに楽天やAmazonなどでは様々な決済方法を用意していますので必ずクレカが必要というわけではありません。
でもちょっとマイナーなネットショップや海外での買い物などになると、ほぼクレジットカードは必須。なにしろPaypalですら使えないようなところもありますので。

とはいえ、あまり馴染みのない、ましてや言語も違うようなWebサイトに普段使っているクレジットカードの番号や名前などを入力するのは何となく心配。

そんな時に便利なのがプリペイドで使えるバーチャルクレジットカードです。

visa visa visa visa
visa visa visa visa / orphanjones

バーチャルクレジットカードとは、実体としてのカードが発行されず、ネット決済のみに使用できる架空のクレジットカードのことです。
※中にはWebMoney Cardのようにプラスチックカードが発行される例外もあります。

プリペイドの言葉通り、事前にカードへチャージすることによってチャージした金額分のネット決済が可能になります。つまり仮に不正利用されてしまったとしても、チャージした金額以上の被害はでないので安心。
さらに匿名で使えるものも多いので個人情報の観点からもかなり安全性が高いです。

このプリペイド式クレジットカードは調べてみると結構種類があります。

代表的なものは

  • 楽天バーチャルプリペイドカード

  • Vプリカ

  • バニラVisaオンライン

  • WebMoneyカード

  • ちょコムeマネー

  • au WALLET

他にもたくさん。
ライフカードで購入できるVプリカあたりは結構知名度が高いのではないでしょうか。

ただしサイトによっては特定のプリペイド式クレカが使えないところもありますので、事前に確認が必要です。クレジットカードが使えるところならどこでも利用できるわけではありません

さて、今回とある海外の若干うさんくさいオンラインショップでうさんくさい買い物をする必要にせまられ、さすがに普段使いのクレジットカードを使用するのが危なげだったのでバーチャルカードを利用することにしました。

選んだのはバニラVisaオンラインです。

バニラVisaオンラインのプリペイドカードを購入

バニラVisaオンラインのプリペイドカードはコンビニや家電量販店などで購入できます。あとは紀伊國屋書店やドンキホーテなどでも。

とりあえず5000円分購入。というか1万円と2万円のカードは現在一時的に販売が停止しているらしく5000円のものしかありませんでした。

高額のカードの販売が一時的に停止している原因は、おそらくちょっと前に流行っていたLineを利用したコンビニでプリペイドカードを買わす詐欺による影響ではないかと思います。

なお、5000円のプリペイドを購入するのに5290円かかります。
290円は手数料のようなものかなと。

このあたりのことを考えると1000円分を1000円で購入できるVプリカなどのほうがいいかもしれません。バニラVisaオンラインには現金でしか購入できないという特徴もあります。

ただこれは購入する人の環境によってはこの形式のほうがいいということもありますので、一概に使いにくいというわけでもないでしょう。

もしどうしても、もう少し安くバニラVisaオンラインのプリペイドカードを購入したいというのであれば、たまにヤフオクなどに出品されていることがあるので探してみるのもいいでしょう。

会員登録

カードを購入すれば、続いて会員登録。公式ページより登録ページへ進みます。
バニラ Visa オンライン(ネット決済専用プリカ)

最初に事前登録から。
個人情報の取扱や会員規約に目を通して問題なければチェックを入れて次へ。

メールアドレスを入力して画像認証。
ここで入力したメールアドレスへお知らせや連絡などが届きます。

確認後「登録」をクリック。

しばらくすると入力したメールアドレスへ確認メールが届きます。
記載されているURLを30分以内にクリック。

URLをクリックすると本登録画面が表示されます。
必要事項を入力。

なお、この画面で別に本当の生年月日や居住地を入力しなくても登録できてしまいますし、普通にネット決済でカードが使えるようになります。
規約上そのあたりの取扱がどうなっているのか確認していませんが、完全に匿名での利用もできる形になっています。

次の確認画面で問題なければ「登録」をクリック。

登録が完了しました。

これでログイン画面へ進むことが可能になります。
続いて購入しておいたプリペイドカードの登録手続きを行います。

購入したプリペイドカードを登録

今入手したログインIDとログインパスワードで会員サイト内へ進みます。
ログインはこちらから
https://e.Vanilla-Online.jp/login/start.do

会員ページが表示されます。

続いて、事前に購入済みのバニラVisaオンラインカードを登録してネット決済で使えるようにします。

会員メニューから「カード利用登録」をクリック。

カードIDを入力します。

カードIDは購入したバニラVisaオンラインカードの裏面に記載されています。

カードIDを登録すると確認画面が表示されます。
わかりやすいようにカードの名前を変更しておきましょう。

最後に確認画面で問題なければ「利用登録」をクリック。
現時点で他にバニラVisaオンラインカードを使っていないので「残高の移行」は「移行しない」のままでいいです。

続いて「カード情報の確認」をクリック。

最後に「確認」をクリック。

これでバーチャルカードの使用が可能となります。

長々と手間がかかっているように見えますが、実際のところこれらの手続きは数分で終了します。しかもほぼ案内通りにクリックしていくだけ。

使用する時の注意点など

バニラVisaオンラインのバーチャルカードはVisaカードでの決済が可能なネットショップにて、クレジットカード代わりに使用できます。

ただバーチャルカードでの決済ができないショップもありますので、その時はどうしようもありません。

カードの名義人の入力欄は「カード名称」もしくは「カードID」を入力。
つまりネットショップ相手に匿名での決済が可能です。

購入画面で支払い回数の選択をするなら常に「1回」。

それ以外はほぼ普通のクレカと一緒です。

個人情報をショップに提供しなくてもよく、しかもチャージした金額までしか利用できないので余計なお金を持って行かれる心配もありません。
海外のダウンロードサイトなどでクレジットカードを使わなければならない時など、この種のバーチャルカードを知っていれば非常に便利です。

また5000円単位なので、「プリペイドでチャージしたものの購入したあとに端数の残高が余ってしまう」という事態が発生するかと思います。
放置しておいた場合、バニラVisaオンラインの有効期限は2年。
バニラ Visa オンラインの有効期限はいつですか?

でもそんなときは自分宛にAmazonギフト券でも買って送っておけば無駄なく消化することができるので問題ありません。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus