toggle
2014-08-13

イーモバイルルーターGL04PでLTEと3G回線をパソコンから手動で切り替えて固定する手順

SIMフリーのモバイルルーターGL04PBIC SIMカード(IIJmio)という組み合わせで外出時のWi-Fi環境を整えています。今のところ外出時にそこまでの高速通信環境が必要でない自分にとってはこれで十分。

契約しているのは月額972円のミニマムスタートプラン。
IIJmio高速モバイル/D データ通信専用SIM ミニマムスタートプラン

Nexus7と一緒によく持ち歩いています。

ただGL04Pは高速通信のLTEと通常の3G回線の両方が使えるわけなのですが、南大阪近辺ではあまりドコモの1.7GHz帯の電波を捕らえる事が難しく、なかなかLTE回線の利用する機会がありません。

たまに大阪市内で電波状況を見てみると結構LTEで接続されている事があり、さすがに市内は通信環境が恵まれているなという感じです。大阪法務局などは普通にLTE接続できたので、待ち時間にすいすい2ちゃんまとめアプリの閲覧ができました。

LTEから3Gは自動切り替えされるがその逆は自動ではない

GL04Pは起動した状態でLTEエリアにいるときは自動でLTE回線で接続され、LTEの電波を捕らえられない時は3Gで接続されます。またLTEエリアから3Gのエリアへ移動したような場合は自動的に3Gへと接続する回線が切り替わる仕様になっています。

ところがこの逆は自動で切り替わりません。
つまり3GエリアからLTEエリアへ移動してLTE回線を掴めるような状態になっても、自動的に3G→LTEへ接続先が切り替わるという事はないのです。

ではどうしたらいいかというと方法は簡単。GL04Pを再起動。
これによりLTE回線へ接続しなおす事ができるようになります。

何故そんな風になっているのかという話。
公式に発表があったわけではないのでここからは想像ですが、そもそもモバイル機器の場合、回線の接続を切り替えるとバッテリーの消費が激しくなるという事情があります。

またイーモバイルでLTEに接続できるエリアがまだまだ広くないという事と、それに関連して場所によってはLTEエリア内にかかわらず通信が非常に不安定になってしまうという事などもあり、ヘタをするとものすごく頻繁に回線の切り替えが行われてしまう可能性があります。

それらを考慮した結果、一応安定している3G接続をメインに据え、まだまだ不安定なLTEへは自動で回線切り替えが行われないよにしているのではないかと思われます。

確かに自分の行動範囲でもLTEエリア内なんだけれどもなんだか電波が掴みきれていないというような時も多く、特にBIC SIMカードを使用しているとドコモの1.7Ghz帯でしかLTE接続できないという事もあり、あまり不安定になるようなら3G固定の方が逆にいいかなという場面もあります。

GL04Pの場合、LTEと3Gは上述したように自動で接続されますが、手動で設定する事によりどちらかに固定して使用する事も可能です。

以下そのやり方についてのメモ。
Androidアプリでも回線の切り替えが行えるものがありますが、使った感じどうも思ったように動作してくれなかったので、今回はパソコンから手動で操作して回線を固定する方法についてです。

GL04Pをパソコンから設定ツールを使ってLTE固定にする手順

※環境はWindows7です。

まずはGL04Pの設定ツールをパソコンから開きます。

GL04Pと無線接続された状態でブラウザを立ち上げ、

http://pocketwifi.home

↑このURLへアクセス

GL04P設定ツールへログインします。
何も変えていなければユーザ名とパスワードはどちらも「admin」。
変更していれば変更したものを入力。

左側のメニューから「設定」

設定項目の中から「WAN設定」

3G/LTE設定の項目の中から「周波数設定選択設定」

周波数設定選択設定の項目より「LTEのみ」を選んで適用すればLTE回線固定となります。(※切り替えのため一度接続が切れます。)

なお、LTEの電波がつかめない場所でLTE固定にすると普通に回線が切れてしまいます。

また上記の画面で「WCDMAのみ」にすると3G固定となります。
LTEの電波は掴んでいるはずなのに何故か通信が不安定というような場所は、たいていLTEの電波が弱いので、3G固定にしている方が安定していたりします。

IIjmioのSIMカードを使用している場合は公式サイトからクーポンのオン/オフが操作できる

上記の方法はGL04Pの設定ツールで接続回線の種類を3GとLTEでそれぞれ固定する方法です。

今回使用しているIIjmioのBIC SIMカードの場合、それ以外にもIIJの公式サイトよりLTE回線を使用するかどうか変更設定する事ができます。回線の切り替えというよりはクーポンを使うか使わないか(ON/OFF)という選択です。

どういうことかという説明を少し。
現在GL04Pを使って契約しているBIC SIMのプランはミニマムスタートプランです。
このプランは月額972円という一番安いものであり、通常の3G回線での接続の他に1月データ容量1GBまでのLTE回線を使用する事ができます。
このLTE使用可能容量の事を「バンドルクーポン」と呼んでいます。

このクーポンは使わなければ一月だけ繰り越し可能で、更に足りなければ追加購入もできます。
そしてLTE回線が利用できるエリア内でもこのクーポンを使用しない(3Gで接続する)という設定ができるのでこれにより回線を3Gのみに固定する事が可能というわけです。

※クーポンONの状態でLTEが掴めず3G回線で繋がっていてもクーポンは消費されます。ですので常時OFFで必要な時だけONにするという使い方がいいかも。

このクーポンのON/OFFについては公式サイトから切り替えもできますし、

アプリのIIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)からのどちらからでも可能です。

IIJmioクーポンスイッチ
Internet Initiative Japan Inc.
価格:0  平均評価:4.3(392 件)

アプリにはiOS版もあります。

こっちの方法で低速回線固定にする事も可能。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus