toggle
2014-03-18

Evernoteのプレミアム会員になっている最中に更にプレミアムクーポンを追加したらそのままプレミアム期間が延びるわけではなかった

Evernoteのプレミアム会員期間中に、新たにクーポンコードを入力すればプレミアム期間を延長する事ができます。

ただ1年分のクーポンコードを追加すればそのまま自動的にプレミアム会員期間が1年延長されるのかと思っていたのですが、そうではありませんでした。昔とは少し仕様が変わっているようです。

Evernote Taiwan User Meetup
Evernote Taiwan User Meetup / othree

現在の自分の状況。

だいぶ前にプレミアムパック3年版を購入し、Evernoteの有料会員になってしばらく経過。アップロード容量の緩和やオフラインノートブックの活用など、プレミアム特有の機能はすっかりなくてはならないものとなっています。

Evernoteのプレミアム会員になるには色々な方法がある

このEvernoteプレミアムを利用するには様々な方法があります。例えば毎月450円を支払う、1年単位でまとめて支払う、上述しているような3年版のプレミアムパックを購入する、など。

なお、ソースネクストが発売しているプレミアムパック(1年版と3年版があります)は今ある在庫がなくなりともう次の発売はないらしい(ちょっとソースは不確か)ので、購入予定ならなくならないうちに手に入れておくほうがいいでしょう。

そのせいかAmazonでのプレミアムパックの値段が見るたびに上昇しています。
以前はそう変わらなかったのですが、今はもう楽天で購入する方が数千円安くなっています。

ただ楽天などでは状況によって値上げされることも多く、最近ではソースネクストが公式に販売しているものより高くなっています。そんな場合は値段がずっと一定のソースネクスト公式から購入するのが一番お得。
Evernote プレミアムパック3年版 | ソースネクスト

有料で支払っていく他にも、何かのキャンペーンなどで1年分のプレミアムクーポンが貰える事もあります。ドコモなどはよくそういったキャンペーンをやっていましたし、またPFUのScanSnap Evernote Editionを購入すると1年分のクーポンコードが付いてきます。

それ以外にもEvernote仕様のMoleskinを購入でコードがついてきたり、最近ではポスト・イットのEvernoteバージョンにもプレミアムコードがついてきたりします。

プレミアムクーポンコードの追加をしてみた

さて今回の本題。
しばらく前に1年分のクーポンコードを頂けたので、現在プレミアム会員のところに追加入力してみました。

Evernote | Evernote をご購入いただきありがとうございます!

コードを打ち込むと選択肢が二つ表示されます。現在存在するアカウントにコードを適用させたいので、右側の「Sign in to Existing Account」をクリック。

こんな案内が表示されます。
そのままプレミアムアカウント1年分が追加されるのかと思っていましたが、そうではなくEvernoteポイントが120点加算されるとのこと。
「スタート」をクリック。

ポイントを獲得。

とりあえずEvernoteポイントとは何か説明を見てみます。
Evernote ポイント | Evernote

つまりこのポイントを使う事により、10ポイントでプレミアム1ヶ月、120ポイントでプレミアム12ヶ月(1年)分期間が延長できるようです。
また10ポイントを使用することでその月のアップロード容量を1GB追加も可能。

1年分クーポン=120ポイントなので、全部適用すればちょうど1年プレミアム期間を延長できるという事になります。ポイントにしておくと汎用性があるので、いきなり期間が延長されるだけよりこっちの方がいいかもしれません。

ひとつ謎なのが、125ポイントで交換できるEvernote Headquarters Visitという存在。

自分の場合このポイントに足りていないので何をする事もできませんが、このキーワードで検索してもめぼしい情報は引っかからずよくわかりません。
すごい謎です。一体何と交換してもらえるのでしょうか?

それはさておき、ポイントで交換できる特典は今後も追加されていくそうです。

何か面白そうなものが登場するまでポイントを使用するのはしばらく待ってみようと思います。

友達を紹介してEvernoteポイントをためる事もできる

Dropboxと同じような感じで紹介する事によりポイントを得る事もできます。
Dropboxは容量が増えますがEvernoteはポイントがもらえる仕組み。

1人紹介する毎に10ポイントずつもらえますが、それは最初の3人まで。
4人目以降は紹介時にポイントをもらえませんが、自分が招待した会員がプレミアム会員になると5ポイントもらえます。こっちは最初の3人までといった上限はありません。

紹介された側の会員にもメリットはあり、招待リンクを通じてEvernoteを使い始めると、プレミアム1ヶ月分が無料で貰えます。

これ以外にも、1日の招待できる上限やIPアドレスの制限などルールがいくつかあります。DropboxやSugarsyncなどに比べると紹介制度の制限が結構多いように思いますが、うまく紹介すればそれなりにEvernoteのプレミアム期間を延長する事ができそうです。

Evernoteポイントには有効期限がある

Evernoteポイントを使わずにずっと置いておくとどうなるかという話ですが、一応有効期限のようなものがあるみたいです。

参考
Evernote Knowledge Base | Evernote

該当部分だけ抜粋すると

Evernote アカウントにおいてポイント関連のアクティビティが5年間ないと、ポイントは無効になる場合があります。

どの程度までをアクティビティがないと判断されるのかはわかりませんが、少なくとも5年間完全に放置しているとポイントが無効になる事もあるので、それには注意。

Evernote プレミアムパック3年版 | ソースネクスト

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus