toggle
2012-12-04

一周回って結局2013年はほぼ日手帳ロキャロンジッパーズで行く事に決定

今月で2012年も終了に近づき、そろそろ来年の準備にも取りかかるような季節です。ということで来年使用予定の手帳について。

notebook
notebook / waferboard

だいたい毎年9月頃から書店や文房具店において手帳フェアのようなものが開催され、来年はどの手帳を使おうかそれを見ながらあーだこーだと楽しみつつ悩みます。

ここ数年を振り返ってみると

フランクリン・プランナー
   ↓
ほぼ日手帳オリジナル
   ↓
普通のバイブルサイズのシステム手帳
   ↓
A5サイズシステム手帳(レフト式ウイークリー)
   ↓
A5サイズシステム手帳(バーチカル24時間軸)
   ↓
A5サイズシステム手帳(バーチカル12時間軸)
   ↓
A5サイズシステム手帳(レフト式ウイークリー)

こんな感じでなかなか定まりません。

毎度手帳を変更するたびに、「これからはずっとこれで行こう」と考えるものの、なかなか定着せず。しかもTodoやタスク管理をポストイットでするようになってからは、どの手帳を使おうがどうにでもできるようになったので、なおさら移り気に拍車がかかってきます。

当初2013年は別の手帳を使おうと思っていたのですが、なんだかんだと迷ったあげく、再びほぼ日オリジナル(月曜始まり)を使用する事に決定しました。
やはり日々のログを残していくという使い方においては、ほぼ日手帳が一番だと思います。

カバーはジッパーズ ロキャロン Holyrood Diamond。
注文していたのがようやく先週末に届きました。
(光の加減で色味が良くない写真になっていますが、実際はもっと青紫色が強いです。→Holyrood Diamond

P1010092

このところはずっとA5サイズのシステム手帳を使っていたので、それに比べればかなり小さく感じます。

P1010093

ちょいちょい小物や書類を挟み込むので、オープンタイプではなくジッパーズを選択。正直カモフラとだいぶ迷ったのですが、仕事柄こちらの方が良さそうだったので結局ロキャロンに。

この手のラウンドファスナーというかジッパータイプの手帳はべたっと180度開かないものが多いのですが、さすがほぼ日だけあって綺麗にパタンと開いてくれます。
ある意味これがあるからこそほぼ日を選ぶようなもの。

セットで持ち運ぶのは

  • ページオープナー

  • ほぼ日の週間手帳

  • ほぼ日の路線図 2013

  • スタイルフィット 0.28mm

  • その時々で必要な書類など

P1010098

ページオープナーはほぼ日SHOPで売っている物ではなく別購入です。
冊子やテキストを開きっぱなしで保持してくれるので、小さいながらもちょっと持ち歩いていると便利。

P1010101

ジッパーズを使っている人のブログなどを見ていると、パンパンに小物を詰め込んでいる事も多いですが、なんだか手帳本体が使いにくくなりそうなのであまりごちゃごちゃさせないようにします。

さらにほぼ日手帳と一緒にB5サイズのノート一冊を持ち歩きます。
あとはEvernoteなんかと組み合わせつつ、GTDのフローを意識しながら運用。

今のところまだ全然カスタマイズもしていません。
12月中は以前の手帳からの移行期間として色々といじって行こうと思います。
とりあえずストレスフリーで楽しく生きていけるように。

ちなみにほぼ日手帳を使う為の参考文献↓

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus