toggle
2011-07-15

Chrome snifferと同じ機能のFirefox用アドオンWappalyzer

よく同業者のサイトを見てまわる事が多いのですが、そんな時に重宝するのがChrome SnifferというChrome用拡張機能です。

Google Chrome presentation at ITU
Google Chrome presentation at ITU / gudmundur.bjarni

このアドオンは、今現在見ているサイトがjQueryやGoogle Analyticsを使っているのか、またどんなCMSを使っているのか、などをアドレス欄の右端に表示してくれます。

例えばWordPressで構築されているサイトならこんな感じ

WordPress

MovableTypeで構築されているならこんな感じ

MovableType

GoogleA nalyticsを組み込んでいるならこんなマーク

Analytics

ほとんどの場合は複数のものを組み合わせているので(例えばWordPress+GogleAnalytics)、その場合には表示されたマークをクリックすれば全部見ることが出来ます。
このサイトでマークをクリックすると

クリック

  • WordPress

  • GoogleA nalytics

  • AddThis

  • Google Adsense

  • Google Font API

  • jQuery

以上が見てとれます。

同業者や他士業のサイトで「これはどうやって作ってるんだろう」と思ったときは、このようなアドオンで調査すると以外な発見があったりします。もちろんFirebugその他も併用で。

Come and turn 4 - YOU make Firefox a better browser
Come and turn 4 – YOU make Firefox a better browser / nois3lab

さて、せっかくなのでFirefoxでも同じような機能を持ったアドオンがないかと探してみると、やはり存在していました。

Wappalyzerというアドオンがそれ。使い方や機能はほぼ同じです。違いはWappalyzerの方はクリックしなくても最初から複数表示される点です。

このように

Wappalyzer

マウスカーソルを乗せるともう少し見やすくなります。

Wappalyzer2

ちなみにNoscriptなどと一緒に有効にしていると、うまく解析されません。

Chrome版もFirefox版も、完全に全てのサイトを解析できる訳ではありませんが、あればなにかと便利な拡張機能です。

追記

Chrome snifferはAppspectorという名前に変わってウェブストアで配布されています。

Chrome拡張の【Chrome sniffer】がなくなったと思ったら【Appspector】という名前に変わっていた

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus