toggle
2011-01-26

FTPクライアント FileZillaポータブル日本語化

サイト運営にかかせないのがFTPクライアントソフトです。

クライアントソフトにも様々な種類がありますが、海外サイトにも強く評判のいいFileZilla を導入してみました。

FileZillaにはインストール版とポータブル版の両方ありますが、今回は持ち運べるようにポータブル版を選択。

■FileZillaPortableのダウンロード

まずはPortableApps.com のサイトへ
PortableApps.com

【Applications】タブをクリックしPortable App Directoryのページへ
Portable App Directory

そのまま下へスクロールしていき、【internet】カテゴリ内からFilezilla Portableをクリック
Internet

進んだ先で【ダウンロード】ボタンをクリックします
FileZillaPortable

もしこんな画面に遷移すれば
「direct link」か「mirror」のどちらかを選びダウンロード。
download

ダウンロード完了
FileZilla.exe

■FileZillaPortableの解凍

ダウンロードしたFileZillaPortable_3.3.5.1.paf.exeファイルを適当なフォルダに解凍します

この時に言語を選択できますので「日本語」を選んでおけば、自動的に日本語化されます。

FileZillaPortable_3.3.5.1.paf.exeをダブルクリック

「日本語」を選択していることを確認しOKボタンクリック
日本語

次へを選択
インストール案内

コンポーネントもいじらず次へ
コンポーネントチェック

任意のフォルダを選択しインストールボタンをクリック
インストール先

インストール中

終了

これで解凍は終了です。
あとは解凍されたフォルダからFileZillaPortable.exeファイルをダブルクリックすることで起動します。
起動

■PortableAppsのロゴを非表示に

起動すれば日本語化もされているので、使用するにあたり特に問題はありません。
が、PortableApps.comでダウンロードしたソフトはほとんどが起動時にロゴを表示します。

こんなやつです。

ロゴ

ロゴが出ても別に構わないのですが、何となく面倒なので非表示にしたいと思います。

FileZillaPortableを格納しているフォルダから

【Other】→【Source】へと進み

【Source】フォルダの中にあるFileZillaPortable.iniをコピー
Sourceフォルダ

そしてFileZillaPortable.exeファイルと同じ階層に貼り付け
Filezillaフォルダ

適当なテキストエディタで開きます。
Filezilla.ini

8行目あたりに「DisableSplashScreen=false」とありますので

False」→「true」へと変更
Filezilla.ini

そして上書き保存

これで起動時にロゴが表示されなくなります。

FTPクライアントソフトといえば、他にFFFTP などが有名です。

しかし、不安定な海外サーバーなどに大量にファイルをアップする場合、FFFTPでは何故か転送を失敗する事も多く、その点FileZillaは海外サーバーと相性がいいのかほとんど失敗しません。

なおかつファイル暗号化転送にも対応しているので、セキュリティが叫ばれる昨今、非常におすすめといえます。

ただ、1つ不満点があるとすれば、それは転送と同時に特定のファイル属性(パーミッション)の変更が出来ない事です。

FFFTPにはこの機能があったのですが、FileZillaにはありません。

その機能をつかうのであれば、FFFTPを使用する方がいいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus