toggle
2015-02-03

2015年2月からドメイン価格が値上げされるのでその前に更新手続きを考える

少し前、1月頃の話ですが、日本の主要なドメイン業各社がドメインの料金値上げを発表しました。ほとんどがこの2月の中旬以降の新規・更新・移管分より新料金の適用となります。

Money Graph
Money Graph / 401(K) 2013

結構いろんなブログなどで新旧の料金比較がされているので、詳しくはそれらを参照して貰えればいいと思いますが(何故かそれぞれの公式サイトからは値上げのお知らせページが参照しにくい)、結構大幅な値上げです。

例えば一番汎用的な.comドメインの場合(税抜き価格)

GMO系(お名前.com、バリュードメイン、ムームードメイン)
920円 → 1280円

スタードメイン
920円 → 1180円

エックスドメイン
990円 → 1180円

GMO系に対抗するかのように、それ以外の業者が少し値段を下げているといったところ。どことも200円~300円以上の値上げとなります。
それこそ100個単位でドメインを保管しているような場合は、年間費用がかなり上昇してしまう事でしょう。

どこも為替相場の変動(円安)と卸価格の上昇が原因だそうです。

値上げに対する対策は?

先々また円が高くなったりして今よりドメインの価格が安くなる可能性がなくはないですが、しばらくは高くなった金額のまま維持されていきそうな雰囲気です。

とりあえず目先の対策としてとれる方法は以下の2つ。

  • 値段を据え置きしているドメイン業者に移管

  • 価格が変更される前に今の契約を更新しておく

値段を据え置きしているドメイン業者に移管

ざっと探してみたところ、国内のドメイン取扱業者で2月からも今まで通りの料金で続けていきそうなのはみんなのドメインだけでした。

なお、みんなのドメインは.comドメインが最安値の1年850円です。
現時点では。
もし移管を考えているならここが最有力候補。

海外のドメイン業者も探せばもっと安いところがあるのかもしれませんが、操作方法やサポート面などでちょっと難しいかなというところです。

価格が変更される前に今の契約を更新しておく

どのドメイン業者も2月中旬以降からの契約に新料金が適用されます。
従って、それまでに複数年分契約を更新しておけば今現在の料金が適用されたまま運用ができます。

そのドメインをずっと使用し続けるつもりならこちらの方法もいいでしょう。
いわゆる駆け込み更新手続き。
ただあまり使用しておらず、中途半端に所持だけしているドメインの場合はあまり長期間の契約をするのも考え物です。

良い機会なので、どのドメインを捨てるか整理するタイミングでもあります。

2月中旬までに現在のドメインを更新しておく事にした

今現在、ドメインの管理は全てネットオウルのスタードメインで一括して管理しています。
とりあえず現状はこのままで、料金が上がる前に契約を更新する事にしました。
明らかに長く使い続けそうなドメインは複数年更新です。

というのも、スタードメインの場合契約を更新するとネットオウルポイントがもらえます。そしてこのポイントはミニバードファイアバードなどの同じネットオウル社のサーバー費用に充当する事ができます。

自分の場合、現在この二つのサーバーを利用中なので、ドメインの管理もスタードメインでやっている方が何かと特というわけです。

あと数が多くなるほど移管は面倒ですし。

Google Domainsあたりがこれを機に何か面白い事をやってくれればいいんですけれど。

スポンサードリンク

タグ:
関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus