toggle
2015-01-18

代理でNTT西日本のひかり回線オプション契約を解約しようとしたら、わりと面倒だった話

少し前の話。
ADSLだった実家のネット回線が光回線へと変わりました。
新しく契約したのはNTT西日本のフレッツ光ネクスト。

新たに光回線を契約する場合工事費などが必要になりますが、大抵キャッシュバックキャンペーンなどをやっていて、オプション契約など特定の条件を満たせばキャッシュバック(ギフト券などで)がもらえる事になっています。

価格コムなどで色々探せば現金で結構大きな金額がキャッシュバックされる契約もあります。そのあたり自分で調べて比較検討できる人はそこそこお得に契約する事も可能。

こういった、本契約時にオプション契約を抱き合わせる事でキャッシュバックなり割引なりをする、というのは通信関連の契約ではよくあります。

それが露骨なのは携帯回線の契約。
端末購入時の金額を割り引く代わりに、いくつか月額料金のかかるオプションを一緒に契約させられます。
このオプション契約はすぐに解約してもいいので、店頭で「次の日にでも解約していいです」と案内される事もありました。

「ありました」と過去形なのは、ここ数年は白ロムを購入してSIMを入れ替えるという形でしか携帯の機種変更をしておらず、ドコモや家電量販店での端末購入をした事がないので。

通信会社のこのシステムはどうかなとは思うものの、理屈がわかっていれば必要期間が経過後に不要な契約はさっさと解約すればいいだけなので、そこまで問題ではありません。

ただ慣れていないと、ちょっとした解約手続きも難しかったりします。

知っている人では、ガラケーのオプション契約の解約方法がわからず結局その解約手続きの為だけにドコモショップまでわざわざ足を運んだ、なんて事もありました。

今回の実家のひかり回線契約も抱き合わせでいくつかオプションの契約があったので、必要期間経過後にその解約手続きを自分が行いました。
ただ契約者が親なので、自分は契約の当事者ではありません。

身内の代理人という形で契約解除の手続きを行っています。
これがいざやってみると結構面倒だったので、以下やった事のメモなど覚え書き。

解約したいオプション契約

オプション契約がキャッシュバックの為の抱き合わせだったとしても、その内容が必要なものであればそのまま契約を継続していいと思います。

今回の件で解約したかった抱き合わせ契約は以下の3つ。
「フレッツ光へ乗り換えキャンペーン」というキャンペーンにより契約していたものです。

  • フレッツスポット 月額200円

  • リモートサポートサービス 月額500円

  • ライセンスプラス(セキュリティ) 月額380円

これらを本契約と同時に申し込んでその後アンケートに答えておくと、一定期間経過後にキャッシュバックとしてギフト券が送ってこられます。
ギフト券を受け取ればすぐに解約してもいい、という契約になっていました。

フレッツスポットというのは公衆無線LANサービスです。
フレッツスポットのマークのあるアクセスポイントでモバイル機器のWi-Fi接続を容量制限なしで使用する事ができます。
NTT西日本 | フレッツ | フレッツ・スポット アクセスポイント検索

これは使う人間がいないので不要。

リモートサポートサービスはパソコンやネットの設定などわからない事があった時のサポートサービスです。
サービス内容|リモートサポートサービス|フレッツ光公式|NTT東日本|電話で安心遠隔サポート「リモートサポートサービス」
これも不要。

最後にセキュリティ対策ツールのライセンスプラス
フレッツ光は回線契約をしていると端末1台分の「セキュリティ対策ツール」のライセンスがもらえます。

これは何かというと月額課金のウイルス対策ソフト。
端末1台分のライセンスだけ無料になります。
ライセンスプラスというのは、その「セキュリティ対策ツール」が端末3台分まで使えるようになる、追加ライセンスの事です。

実家使用のパソコンには別途セキュリティソフトはインストールしてあるので、フレッツ光の「セキュリティ対策ツール」はそもそも1台目からして使っていません。
その状況で追加ライセンスなんて必要なわけもなく、当然に解約対象です。

こういった事情により、オプション契約は全て解約する事になりました。

セキュリティプラスだけネットから解約できない

NTT西日本でフレッツ光の契約をすると、CLUB NTT-Westというサービスの会員になることができます。そしてこういったオプションの解約や申込を会員メニューからネット経由で手続きできるようになります。

電話などで解約はできますが、この手の電話サービスはとにかく繋がるまでにまでに時間がかかるのが一般的。そこで一番時間がかからなそうなCLUB NTT-Westから解約手続きを行う事にしました。
※以下、2014年時点での会員メニューです。

会員ログイン|CLUB NTT-West 会員メニュー|NTT西日本

フレッツスポットの解約手続き

CLUB NTT-Westの会員画面からログイン。
サイドバーにある「ご契約サービスの確認・変更」

真ん中あたりにある「ご利用中のフレッツオプションサービス」から「Wi-Fiサービス」をクリック

表示されたWi-Fiサービスの中から「フレッツ・スポット」を探します。

右側の「サービスのご解約」をクリック

後は案内に沿って進めていくと解約手続きは完了します。
手続きが終われば、後日解約完了のメールが届きます。

リモートサポートサービスの解約手続き

上記↑の「ご利用中のフレッツオプションサービス」から「セキュリティサポートサービス、その他サービス」をクリック

表示されたサービス一覧の中から「リモートサポートサービス」を探します。

右側の「サービスのご解約」とクリック

あとはフレッツスポットの解約手続きと同じです。

セキュリティプラスの解約手続き

上記↑の「セキュリティサポートサービス、その他サポートサービス」の中に「セキュリティ機能ライセンスプラス」の項目は存在します。
しかし「サービスの解約」というボタンがありません。

CLUB NTT-Westの会員サイト内をあちこち調べてみたものの、セキュリティプラスの解約方法だけはわからず。

仕方がないのでNTT西日本のフレッツ光お問い合わせ窓口へ電話で聞いてみる事にしました。
お問い合わせ|フレッツ光公式|NTT西日本

何故か窓口をたらい回しに

ここから電話でのやりとり。

フレッツ光公式窓口へ問い合わせる

まずはフレッツ光のサポートへ電話。0800-2002116 です。
これがまたなかなかつながりません。
架けっぱなしのまま放置して別作業をしていると、ようやくつながりました。

問い合わせてみてとりあえずわかったのが

  • 電話でセキュリティプラスを解約するなら本人か配偶者からでないとダメ

  • それ以外の身内からの解約依頼なら本人との間柄を証明する身分証明書がいる

という2点でした。
本人との間柄を証明する証明書は、今回のケースでは親子関係になりますので「戸籍の写し」が必要になります。

その書類を準備してもいいのですが、他の二つのサービスはCLUB NTT-Westの会員メニューから解約できたわけであり、セキュリティプラスも同じようにネット経由で解約できるならその方が楽です。

ですのでCLUB NTT-Westからセキュリティプラスの解約手続きはできないのか聞いてみたところ、できるとの答えでした。
ただ上述したようにサービスの解約ボタンが見つからなかったので、やり方がわかりません。

その旨聞いてみると、CLUB NTT-West内の操作方法などについてはこちらではわからないのでNTT-Westのサポートで聞いて欲しいとのことでした。

電話番号も教えてもらいます。

CLUB NTT-Westではセキュリティプラスの解約手続きができないと言われる

続いてCLUB NTT-Westの会員サポートへ電話。
0120-685-310

こちらはすぐにつながりました。
そして問い合わせてみた結果。

結論としては、「CLUB NTT-Westの会員メニューからセキュリティプラスの解約はできない」という事でした。最初のフレッツ光サポートの案内はなんだったんでしょうか?

聞いてみるとネット経由でセキュリティプラスの解約をするのなら、一度「セキュリティ対策ツール」をパソコン内にインストールし、そのソフトの操作画面から解約手続きを行うという方法になるという事だそうです。

そもそも「セキュリティ対策ツール」自体を全く使っていない状態なので、わざわざ解約手続きの為にインストールするのもおかしな話です。

セキュリティソフトが二つインストールされていると競合してしまいます。その為一旦既存のセキュリティソフトを停止しなければなりませんし、更に解約手続きが終わった後に「セキュリティ対策ツール」をアンインストールしなければなりません。

きれいに削除されてくれればいいですけど、変なフォルダやデータ及びレジストリに残骸などを残されると面倒なので、そのあたりを手動で掃除する必要が生じるかも。

なんだかわざわざ「セキュリティ対策ツール」をインスト-ルするのが面倒に感じたので、普通に解約する方法はないか聞いてみると、それなら電話で解約するしかないとの事。

どこに電話すればいいか聞いて見ると、最初に電話をしたフレッツ光の問い合わせ窓口の番号を案内されました。

なお、最初にそちらに電話してCLUB NTT-Westで解約手続きができると言われたのでこちらへ今電話をしているという旨を伝えると、それは案内が間違えていますという回答。

西日本フレッツ光の問い合わせ窓口は17時まで

ということで、再び振り出しに戻りフレッツ光の窓口へ問い合わせです。
今度はあっさりつながりました。
ところが受話器より流れてくるのは録音と思われる案内音声。

受付時間は終了しましたという内容です。

でも手元の契約した時の書類を見ると、受付時間午後9時までとなっています。

あれ?と思ってNTT西日本のサイトを見に行ってみると受付時間は午後5時までになっていました。

いつの間に変更されたのでしょう。
とにかくセキュリティプラスの解約手続きだけ翌日に持ち越されてしまいました。

ようやくセキュリティプラスを解約

翌日また 0800-2002116 へ電話。
ちょっと待ったものの、前回よりは短めな待ち時間で担当の人へつながりました。

ところが今回の担当の人がなかなか話の伝わらない人で軽く朝からイライラ。

こちらは昨日の電話のやりとりで何のサービスを解約するか、その為に何を用意しなければならないかは把握済みなので、後は事務的な作業を進めて欲しいだけです。

にもかかわらず、何故かセキュリティプラスを解約すると端末が無防備になるので危険な事が生じる可能性があります的な話を何度もされ、いや最初からインストールすらしていませんので問題ないです、というやりとりを3~4回繰り返した結果ようやく話が進みました。

それ以外にも、こちらが聞いている事に対して、ずいぶん見当違いの回答が返ってきたりと書き出すとキリがないので省略しますが、若干不安になるレベル。

それでも最終的には、代理人を証明する為の戸籍の写しをFAXすれば解約処理を行うというところまで確認ができたので電話は終了。

仕事柄、市役所へ行くことが多くその日も用事があったのでついでに戸籍の写しを取得しました。親子関係の間柄さえ証明できればいいので、無駄な記載を第3者に見せる必要もないわけで、戸籍謄本ではなく戸籍抄本を入手しています。
なお、遠方に住んでいるなら市役所へ郵送で請求もできます。

案内されていた宛先へ戸籍抄本をFAXして待つ事しばらく。
担当の人より電話がかかってきて解約処理が無事進められました。
これでセキュリティプラスの解約手続きは無事終了。

なお、元々ひかり回線の契約をしていると「セキュリティ対策ツール」のライセンスがひとつ無料でもらえますのでこれは解約していません。使ってもいませんけど。
セキュリティプラスで追加された二つのライセンスのみ解約を行っています。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus