toggle
2014-03-12

三井住友銀行のネットバンクでパスワードカードが使えるようになったので申し込んでみた

先月あたりから三井住友銀行ネットバンクでパスワードカードが使えるようになったという事で、遅ればせながら申し込んでみました。

パスワードカード切り替えの案内が表示される

パスワードカードを申し込んでいない状態でSMBCダイレクトにログインするとこんな案内が表示されます。

今まではオンラインで振込手続などをする際、まずログインに第1暗証番号、そして更に第2暗証番号(16マスの中に書かれた数字とアルファベットの組み合わせ)が必要でした。更に定期の解約などの場合には第3暗証番号も。

おかげで手続が結構と面倒だったのですが、この第2暗証番号と第3暗証番号の部分がパスワードカードに置き換わるとのこと。

パスワードカードとはこんな物です。

ワンタイムパスワードが生成され液晶部分に表示されるので、必要な手続の時にそれを入力する仕様です。

この↓ジャパンネット銀行のトークンと同じものですね。

ネット銀行を使い慣れていると使い方や要領はわかると思います。
むしろこっちの方が自然な感じ。

しかもパスワードカードの発行、利用ともに無料です。
無料なのは当たり前なのではないかと思ってしまいますが、ネット銀行では当たり前の事が三井住友銀行では何故か有料になっているような事もあります。
例えば振込や出金があった事をお知らせするメールとか。

ですのでこのパスワードカード発行も実はどこかで有料なんじゃないか?と疑っていたのですが、どうやら完全無料だったのでひとます安心。

実際に申し込んでみる

実際にワンタイムパスワードカードを申し込んでみました。
「切り替えを実施する」をクリック。

次の画面で「パスワードカードを利用する」をクリック

通帳を作った際に届け出ている住所にパスワードカードが送られてきます。
そういえば最初に通帳作った時と今では電話番号が変わっていたので、この画面から変更しておきました。

ここの変更手続きではまだ旧来の第2暗証番号が必要でした。

そして第3暗証番号も

あらためてやってみるとこの手順はかなり面倒。
利便性とセキュリティの兼ね合いはなかなか大変です。

そしてようやく申し込み。

色々案内が表示されます。

パスワードカードをなくした場合は再発行手数料が1,050円かかるそうです。

確認欄にチェックを入れて「申込実行」。

これで申込は完了。

パスワードカードが届くのに1週間~10日ほどかかるそうです。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus