toggle
2013-12-12

SugarSyncの無料プランが終了だけど、自分の無料アカウントがそのまま継続してサービスを受けられるのか確かめる方法

米国時間で先日の12/10、クラウドストレージサービスのSugarSync社は来年2014年の8月から現在提供されている無料プランを終了すると発表しました。

クラウドサービスの継続利用を希望する無料ユーザーは、2014年の2/8(日本時間なら2/9)までに有料プランに乗り換えなければならないそうです。

SugarSyncはDropboxなどと似たようなオンラインストレージサービスで、無料会員でも5GBの容量を使用する事ができます。

有料プランにすればもっと使用できる容量を増やす事も可能です。また無料会員のままでも紹介する事によってボーナス容量を増やす事ができました。

自分も紹介制度のおかげで無料プランながら50GBほどボーナスストレージをもらっています。

ただ、現在では似た種類のオンラインストレージサービスは乱立しており、先駆けともいえるDropboxを始めGoogleのGoogle ドライブ、MicrosoftのSkyDriveなど手強い競合他社がシェアを奪い合っている状態。

それ以外にも、聞いた事のないような新規のオンラインストレージサービスがどんどん参入してきています。

その中で、これ以上無料サービスのシェア競争に踏み込んでいくのは得策ではないと判断したのでしょう。今後は有料プランのユーザー向けのサービスへ特化していくそうです。

必ずしもSugarSync無料ユーザーのサービスが全て終了するわけではない

このニュースを最初に聞いたとき、正直SugarSyncをもう使う事はないなと思いました。というより、そもそも50GBぐらいストレージがありつつも最近は全くSugarSyncを使っていません。

元々DropboxをメインにしているのでSugarSyncは最初からサブ用途であり、EvernoteとDropboxを併用するようになった現在、本当にSugarSyncの出番がなかったのです。

あとクラアントソフトが結構重かったというのもあって、有料プランに移ってまで使い続ける事はないだろうなと言うのが正直なところでした。

ところが本日SugarSync社よりこんなメールが到着。

気になったのは1点だけ。

SugarSync.jpから5GB無料のサービスをお申し込み頂き、ご利用頂いているお客様につきましてはサービス終了の対象外となりますので、2014年2月8日以降も継続してご利用頂けることをご案内いたします。

SugarSyncの無料会員全員がサービス終了するのかと思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

簡単に説明すると

SugarSync.com経由でアカウント取得した無料ユーザー
 →サービス終了
SugarSync.jp経由でアカウント取得した無料ユーザー
 →サービス継続

という事でした。
つまり自分の持っているアカウントがSugarSync.jp経由で取得したものであれば、来年2014/8を過ぎても引き続きサービスを受ける事ができるのです。

ただ無料プランのメールサポートはなくなるとのこと。
またSugarSync.comのアカウントからSugarSync.jpのアカウントへ切り替える事はできないそうです。

自分のアカウントがSugarSync.comかSugarSync.jpなのか確認する方法

自分が最初に申し込んだ時にどのドメイン経由だったかなんてあまり覚えていないと思います。最初にアカウント取得した際に送られてきたメールアドレスのドメインが.jpだったか.comだったかで判断できるそうですが、そんなメールも保存していなければ意味がありません。

その場合の確認方法もメールに掲載されていました。

どこで申し込んだアカウントか確認する手順

まず米SugarSyncのSugarSync.comからログインします。
SugarSync.com

左のサイドバーから「アップグレード」をクリック

もしくは「アカウント」→マイアカウント画面の「プランを変更」をクリック

これでプラン変更のお申し込みという画面が表示されます。

ここに記載されている金額の表示がではなくドル表示だった場合は、SugarSync.comのアカウント、つまり来年からサービス終了という事になります。

逆に円表示であれば、少なくともまだ継続して使い続けられる事になります。

今後も無料プランが続くかわからない

大半の人はSugarSync.jp経由でのアカウント取得だと思いますので、今回の無料プランサーービス終了はあまり関係がないでしょう。

ただ、本国の米SugarSync社が今後は有料ユーザー向けにサービスを展開していくという方針である以上、日本国内のSugarSync.jpもそれに追随していくと思われます。

ですので、今使っているSugarSyncのクラウドサービスも、無料プランならそのうち終了するものだと考えて準備しておく事が必要でしょう。

SugarSyncのように任意のフォルダを選んで同期の設定ができるというクラウドサービスはあるようでなかなかないので代替が難しいところ。

もちろん探せばあるでしょうが、いくら乗り換えたとしても無名のサービスの場合、ある日いきなり終了してしまう事は容易に予想されます。

そのたびにまた新しいクラウドサービスを探して乗り換え続けなければいけないというのはどうなんでしょうか?そこを考えると結局はDropboxのようなメジャーどころに落ち着くしかなくなり、なかなかうまい事いかないものです。

スポンサードリンク

タグ:
関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus