toggle
2013-09-29

平成25年(2013年)度行政書士試験の試験監督員案内が来ていたので就任承諾書とか記入する

今年も例年通り11月に行政書士試験が開催されます。
平成25年度は11月10日(日)が試験開催日となっております。

毎年この時期になると同じような記事を書いているような気がしますが、今年も試験監督員として協力させていただく事になりました。

そんな訳で試験実施説明会の開催についての案内は大阪府行政書士会より届いています。

とりあえずこの書類が届いてする事は

  • 期限までに就任承諾書を事務局へ返送

  • 振込口座届を記入して試験実施説明会の日に持参

以上の2点。

就任承諾書の記入は特になんともないのですが、毎年少し迷うのが振込口座届の記入方法です。

これは行政書士試験監督員の日当の支払いに必要なもの。
昔は試験日にそのまま手渡しだったのでこういったものはありませんでしたが、ある時期より試験の後日に振込という形に変わり、それ以降に記入が必要となった書類です。

過去に一度でも試験監督をして振込口座を届け出た事のありそれに変更がない場合は、この振込口座届への口座情報の記入が不要となります。

といって白紙で出せばいいというものでもなく、氏名記入や押印が必要な部分もあります。ちょっと考えればややこしくないのですが、なんだかいつもこのあたり「ここって記入してよかったっけ?」と迷ってしまいます。

まあ、間違いのないように必要な箇所にだけ記入しておきましょう。

ここのところ何だかバタバタしていたので期限のある書類や何かの返事などがギリギリになりがちです。ちょっと前倒しを意識して動くようにしておかないと。

行政書士試験の申し込み締め切りはしばらく前に終了していますが、伝え聞くところによると今年は申し込み者の数が例年に比べて少ないそうです。

もしかしたら試験実施要員の数もそれに合わせて減るのかもしれません。
インフルエンザが流行った年は、当日これなくなる人の事も考えて普段以上に人員を増やしたり(おかげでその年は人が余ってしまいましたけども)、こういった調整は大変ですね。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus