toggle
2012-09-25

FeedBurnerがようやく元に戻ったけれど、この先不安なので代替え案を考えてみる

ブログのRSSフィードをまとめて読み込み、広告の挿入などの加工をした後に別のRSSフィードして出力してくれるFeedBurnerという無料サービスがあります。

購読者数の計測が簡単に出来る点が便利。
また地味に日本語で操作出来るのも魅力。

あのプロブロガー本にも紹介されており、利用者も増えつつあるようです。

Feedburner URI
Feedburner URI / adria.richards

そんな便利なFeedBurnerですが、ここ数日「購読者数」と「リーチ数」が0になってしまうという不具合が起きていました。

元々最近のFeedBurnerは、jpドメインを手放したり、公式のTwitterやブログが閉鎖されたりと不安定な動きを見せており、おかげでいよいよサーボス終了かなどと不吉な噂も流れる始末です。

しかし本日FeedBurnerの管理画面を確認するとレポートが復活していました。

2012y09m25d_225911140

今のところ、このブログはそんなに沢山のRSS登録をされている訳ではありませんが、それでもこのサービスが使えなくなると何かと困るので復活してくれて何よりです。

しかしあまりトラブルが多いようですと先々困ります。
特に一番まずいのは、RSSの登録者数が増えてきたところで出力されるフィードのURLが変わるという事態。あまりに先行き不透明だと、早いうちに乗り換えを考えておかなければなりません。

FeedBurnerからの乗り換え案色々

・FeedBlitz

FeedBurnerからの代替え案としてよく名前の挙がるサービスです。
シェアを奪う気まんまんなのかFeedBurnerからの乗り換え案内まで作っています。

しかし残念な事に有料サービス。
そんなに高い金額ではありませんがわざわざお金を出してまでと考えると躊躇してしまいます。

・そのまま普通にRSSフィードを配信して購読者数を計測

WordPress限定の話です。
単純に購読者数を把握しておきたいのであれば、素のままでRSSフィードを出力し読者数を計測するプラグインを導入します。

これでフィードの購読者を把握する事は可能です。
しかしFeedBurnerのメリットのひとつであるアドセンス広告の挿入が出来ません。
そこが少し考えものです。

アドセンス広告ではありませんがTrend Matchあたりでどうにか出来るかな?と思ったのですが、どうもこのサービスはWordPressには対応していない様子。

・その他色々RSS配信サービス

検索してみるとそれなりに見つかったものの、ほぼ全て英語のサービスなのであまり内容を見ていません。マイナーなものは情報が少ないので使い方を理解するのだけで少し疲れそうです。

以上のように見ていくと、これ!といった代替え案はあまりありません。
FeedBurnerはなくなっても別に困らないと思いますが、少し痒いところに手が届きにくくはなりそうです。

スポンサードリンク

タグ:
関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus