toggle
2017-08-13

ガストン・ルーガ(GastonLuga)のバックパック、プローペルは普段使いにかなりお勧め

普段、仕事でパソコンや資料を持ち運ぶことが多く、いつの頃からか手提げのバッグは持たずにリュックで移動することが多くなりました。しかも持ち運ぶ容量が多いので、使っているのはかなり大きなサイズのNorth Faceのプロフューズボックス。結構な重量となります。

たくさんの荷物を持ち運べて非常に便利なのですが、さすがに仕事以外の日常生活でこのサイズのものを持ち運ぶのはしんどいところ。

そこでもっと気軽に軽めの荷物を持ち運べるようなリュックを探していたところ、ちょうどいいタイミングで北欧ブランドのガストンルーガ様よりバックパックの提供をしていただけることになりましたので、早速使ってみることにしました。

ガストン・ルーガ プローペル(Pråper)

到着

今回選んだのはPråper(プローペル)のブラック

見ての通り外側にポケットなどはほぼありません。収納はリュックのメインスペースのみ。一般的なバックパックとは趣が違います。これは使い方次第。

メインのコンパートメントの開閉部分はこのようなフックボタンを引っかけて抑えます。

今回ガストンルーガ様より商品提供の依頼を受けた中からこのプローペルを選んだのは、実はこのバックパックのベルト固定方法がフック式になっていたからです。

変に通常のベルト式になっているよりこのほうが開け閉めが楽。メイン以外に収納箇所がほぼないようなこのタイプのバックパックの場合、開閉が簡単というのはとても重要な要素です。

メインの収納部分は開けてみるとこのようにパソコンを入れておけるクッションエリアがあります。

一応ノートパソコン収納専用スペースのようですがクッションはそこまでがっちりしたものではありません。なのでここにラップトップを入れたまま乱暴に取り扱うのは駄目。それはもっとビジネスライクなバックパックが担う役割であり、この製品に求めるものではないでしょう。

ここに収納できるラップトップのサイズは15インチくらいまで。普段持ち歩いている12.1インチのLet’s Note CF-SX2ならすっぽり収まります。

全体像

底の部分は鋲が付いており、ちゃんと補強されているので床に直接立てておいても大丈夫。とはいえ補強されている四隅以外は柔らかいのであまり地面に直接置くのはやめておいたほうがいいもしれません。

こういった写真で見ると収納容量が少なく見えますが、18Lまで入るので普段使いには十分です。

普段リュックを選ぶ際はまずビジネス用途で考えていたので、このようなタイプの漠パックはあまり持ち歩いた事がありません。今回ガストンルーガ様より提供いただきしばらく使ってみてみましたが、非常に軽く、取り回しが楽な上に安っぽさも一切なく、結構な頻度で持ち運ぶことになりそうです。

ディスカウントコード

今回このブログとガストン・ルーガ様がコラボするにあたり公式サイトで商品の価格が15%オフになるディスカウントコードを発行してもらいました。このコードの期限はありません。

ディスカウントクーポン: note10015

今回紹介したPråper(プローペル)のブラック以外にも様々な製品があります。

ガストン・ルーガ公式サイトはこちらから→http://gastonluga.com
公式で購入すると送料はいつでも無料です。

ガストン・ルーガ公式インスタ→https://www.instagram.com/gastonluga/

Self-confidence is the best outfit, rock it and own it. (Photo via @veeviisme) #GastonLuga #anywherewithGL #GLwashere

Gaston Lugaさん(@gastonluga)がシェアした投稿 –

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus