toggle
2014-09-17

秀丸ファイラーは32bit版から64bit版へ設定を引き継げるのか試してみた

最近パソコンの乗り換えの為、新しいパソコンへ各種ソフトウェアの移行作業を行っています。ただ今回はWindows7の32bit版から64bit版への乗り換えのため、結構古いバージョンのまま使っていたソフトについてはインストールすらできない(やよいの青色申告09とか)というような状況も発生しています。

それらに関してはこれを機に最新版を入手するしかなく、出費がかさんでいきそうです。これはちょっと予定外。

秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸ファイラーClassic

秀丸ファイラーには32bit版と64bit版の2種類ある

ただ最近使い始めたソフトウェアに関しては、いずれ新しいOSに乗り換える事を想定して64bit版のOSでも動作するものを選んでいたので、問題なく移行作業を進める事ができています。

その代表格が秀丸ファイラーClassic。
以前使っていたX-Finderから新しいファイラーへ乗り換える際に、まず条件としていたのは64BitOSに対応しているかどうかでした。

秀丸ファイラーは32bit対応版と64bit対応版の二つが最初から用意されています。
必要に応じて合ったものをインストールすればOK。

ちなみにですが秀丸エディタは32bit版が64bitOSでも普通に動くと聞いていたので、これはそのまま32bit版を使い続ける予定。実際に今のところWin7 64bit版でも問題なく動作しています。

32bit→64bitへ設定が引き継げるのか

秀丸エディタにしろ秀丸ファイラーにしろかなり好きなようにカスタマイズできるので、使い続けていると手に馴染むようどんどん自分仕様に変化していきます。

ただそうなってくると、パソコンを乗り換える時などにインストールしなおして一から設定をやりなおしていくのはかなり大変な作業をなります。
そもそもメモでもしていない限り、どこをどう弄ったのやら覚えていない事も多いです。

この点秀丸エディタや秀丸ファイラーが便利なのは、「設定の保存/復元」という機能がある事です。この機能により今の設定の保存→保存したファイルを別のパソコンへコピーして復元、という事が簡単にできるようになります。

今回も秀丸ファイラーを新しいパソコンへ引っ越すにあたり、その方法で設定を引き継ごうと思ったのですが、ひとつ疑問がありました。

それは32bit版の秀丸ファイラーから64bit版の秀丸ファイラーへ設定がそのまま引き継げるのかという事。少し調べてみてもその事について明確に書かれているページなどはありませんでした。

ないなら仕方がないので自分で確かめてみようと思い、試してみる事に。

まず32bit版秀丸ファイラーで設定の保存。
その後保存したファイルを64bit OSのパソコンへコピー。
そしてインストールした64bit版秀丸ファイラーにて復元。

結果、特に問題なく設定の引き継ぎは終了。
この感じですと、もしかして秀丸エディタの方も32bit→64bitへの設定引き継ぎは簡単にできるようになっているのでしょうか。

今のところ64bit版Windows7上で32bit版の秀丸エディタは支障なく動いてくれています。自分の使用している種類に限りますが秀丸マクロも64bit環境で動作おり、特に不都合は感じませんのでしばらく変更する予定はありませんが、いつか気が向いたら64bit版の秀丸エディタも使ってみたいと思います。

※)注
ツールバーのカスタマイズやマウスジェスチャー、表示などの設定は引き継げていますが、「既定のファイラーにする」などいくつかの設定は上記の方法で引き継げませんので、そのあたりは微調整が必要です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus