toggle
2012-09-10

MS-Word2007(ワード)から直接WordPressを更新出来ると聞いたので試してみた

先日行われたWordBeach 2012において、Microsoft Wordで直接Wordpressを更新する方法が紹介されたと聞いて、早速試してみました。

これはWord2007以降に搭載されている機能であり、Word2003等では利用することができません。それはこの技術がXML-RPCという仕組みによって実現されているからです。Word2007より前のバージョンではXML-RPCはサポートされていません。

また、今回Word2007では確認しましたが、Libre OfficeOpen OfficeKINGSOFT OFFICEなどではサポートされているかわかりませんので、WordPressが更新できるのかは未確認です。

arsp_036
arsp_036 / theanthonyryan

元ネタはこちら

Wordから直接WordPressを更新する為の手順

・WordPress側での準備

WordPressにログインし「設定」→「投稿設定」をクリック

2012y09m09d_114421703

リモート投稿の「WordPress、Movable Type、MetaWeblog および Blogger XML-RPC 投稿プロトコルを有効にする。」にチェックを入れます。

2012y09m09d_114503640

最後に【変更を保存】をクリック

2012y09m09d_114628218

これでWordPress側の設定は終了です。

・Wordでの設定

Word2007の画像で説明します。

「Officeボタン」→「発行」→「ブログ」をクリック

2012y09m09d_115418671

「ブログアカウントの登録」画面が表示されるので【今すぐ登録】をクリック

wo_1

「新しいブログアカウント」画面で「WordPress」を選択し、【次へ】をクリック

2012y09m09d_115807375

「新しいWordPressアカウント」入力画面が表示されますので、必要事項を入力します。

wo_2

入力事項

・ブログ投稿先

ドメイン直下にWordPressのファイル群を設置しているのであれば、<ブログの URL をここに入力>の部分を独自ドメインに変更すれば大丈夫です。
ドメイン直下にフォルダを作成してWordPressファイル群をその中に設置していたり、サブドメインやサブディレクトリで運用しているような場合は、適時xmlrpc.phpまでのパスを入力して下さい。

・ユーザー名
・パスワード

WordPressにログインする時のものをそれぞれ入力

・パスワードを保存する

任意でチェックを入れます

・画像のオプション

クリックすると「画像のオプション」画面が表示されます。
「画像のプロバイダ」→今回は「自分のブログプロバイダ」を選択

wo_3

以上を入力し【OK】ボタンをクリック

警告が表示されます。【はい】を選択。

wo_5

アカウント登録完了

wo_6

これで投稿のための準備は完了です。

Word2007での操作画面

2012y09m09d_122958750

【ここに投稿タイトルを入力してください】の部分に入力したものが記事のタイトルになります。
【分類の挿入】でカテゴリの入力が出来ます。
タグ付けについてはよくわかりません。

あとは普通にWordの文書を作成するように入力しくだけです。
最後に左上の【発行】をクリックすれば投稿されます。

試しにこんなやつを投稿

2012y09m09d_152905453

こういう風に投稿されました。
適当にしすぎたせいでちょっと見た目が汚いですが。
もう少し綺麗に繕えるとは思います。

2012y09m09d_153009328

メリット

Wordで利用できる機能がほぼそのまま使えます。
フォントのサイズの変更や装飾、写真への文字の回り込み、表の挿入など。

これらをhtml&cssで行うとすれば少し知識と手間が必要となります。
それらが面倒な方にとっては、Wordを利用する方が簡単でしょう。
特に多量の画像を記事に使用する場合などは、Wordへ貼付けていって一気にアップすればいいので便利です。

デメリット

WordPressのテーマファイルのcssを完全に無視した状態で装飾が行われるので、記事中に直接スタイルが書き込まれることになります。
大した装飾を施していない上記の投稿の例でもこんなソースになっています。

2012y09m09d_153919734

よくわからないビジュアルエディタで書き込んだ記事のソースのようです。
きちっとhtmlとcssを使い分けて綺麗なソースでブログを書いている人にとっては、あまりおすすめ出来ません。

感想

日常的にWindows live WriterZoundry Ravenなどのブログエディターを使い慣れている人にとっては馴染みやすいと思います。

またWordでブログの下書き(まずいないと思いますが)をして、そのままWordPressへアップしたい人などにはうってつけかもしれません。

逆にテキストエディタでタグ手打ち、最後にWordPressのエディタへ貼付けといった形で投稿している人にとっては、あまり使う機会はないでしょう。

自分の場合はまず利用する事はなさそうです。

スポンサードリンク

タグ:
関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus