toggle
2012-08-15

メモリ増設物語~Dell Inspiron1501のメモリを2GB→4GBに増設~

最近の新しいPCの進化具合は尋常ではありません。
今ではメモリも4GB以上、大容量SSD搭載などちょっと前には考えられないスペックのPCがゴロゴロしています。

といっても数年前のPCが使えないかと言えばそんな事はなく、それこそ32bitのXPでもまったく問題なく活躍してくれます。

ということで、もうしばらくWindowsXPに頑張ってもらう事にしたので、2GB×2の4GBへメモリを増設してみました。

今回増設するPCはDellのInspiron1501です。

スペック

  • AMD Athlon(tm)64 X2 TK-53 (Dual-Core Processor 1.70GHz)

  • メモリ 2GB デュアルチャネル

  • WindowsXP Home Edition SP3

増設メモリの購入

Inspiron1501はメモリの相性が厳しいと言いますので、まずは情報収集。

結果、こちらをアマゾンにて注文

一時期に比べてメモリは値上がりしたなどと言われていますが、充分に安いです。4GBで4000円を切る値段など、一昔前には考えられなかった事です。

ちなみにこちらは同タイプの別メーカー。
メモリは時期によって値段の上下幅が大きいので、その時に安い方を買えばいいと思います。

到着

memori

メモリ増設作業

準備

PCのバッテリーを抜く。

Battery

メモリを触る時に一番気にしなければならないのは静電気です。
一発でもバチッとくるとその瞬間にメモリは死にます。

そのため

  • 手を洗う

  • あらかじめ鉄製の物を触っておく

  • 全裸になる

などの方法で体から静電気を追い出し、かつその状態をキープしておきます。

増設作業

メモリスロットのカバーを外します。ネジ2ヶ所で外れます。

cover

この左右のレバーを広げるとメモリが起き上がります。

Lever

若干わかりにくいですがこれで引き抜くと外れます。

memori_out

あとはメモリを抜いて新しい物と交換すれば終了。
ちゃんとはまっているか、変なほこりとか付いていないかをしっかり確認。

なお、メモリがちゃんと刺さっていないとPCに電源を入れても立ち上がりません。カチっと音がしても微妙にはまっていない時がありますので、気をつけましょう。

メモリ入れ替え後、PCが立ち上がらなくなったりすると非常にあせりますが、そのあたりが原因である事が多いので落ち着いて対処しましょう。
(体験談です)

メモリ増設前

system

メモリ増設後

system_2

メモリ容量が1.87GB→2.62GBへと増えています。
OSがXPの32bit版なのでメモリ4GBがフルに使われるということはありません。

この使われていない領域(管理外領域)は、Ramdiskとして利用するのが有効そうなので、また別の機会に挑戦します。

それよりもSSDの値段がかなり安くなってきているので、そちらも交換したい欲が高まってきて非常に危険です。

続き

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus