toggle
2011-01-31

無料サーバーZymicへWordPressをインストール2

前回の記事で海外無料サーバー「Zymic」でアカウント取得、WEBスペース作成まで行いました。

zymic

続いてWordPress設置に必須のデータベース作成を行います。

データベース作成

(1)ログイン

Zymicにログイン→ControlPanelHomeへ進みます。
すると真ん中あたりに先程作成したドメインとオレンジの「login」ボタンが現れています。
login

「login」をクリックして先に進むとパスワードを聞いてきますので
password

パスワードを入力します。
ここで使用するパスワードは先程作成したWEBサービス用のものです。
Zymicにログインした時のパスワードではありませんのでお間違えなく。

入力が終われば「Control panel login」をクリック

(2)データベース作成
進んだ先のページMySQLカテゴリの中の「Database Management」をクリック
Database Management

データベース作成の画面に移ります。
データベース作成には3段階あり、まとめて設定は出来ませんので1つずつ進めていく必要があります。

①データベースの名前の作成
Create a database

空欄に任意のアルファベットを入力
※ここでデータベースの名前が長いと先々不具合が出る可能性があるので、出来るだけ短い名前にしておきます。(例._a、_dbなど)

入力が終われば「Create database」をクリック

②データベースのユーザー名作成
Create a username

任意のユーザー名(半角英数)とパスワードを入力します。
ここのユーザー名も①と同じく長いものだと不具合を起こす可能性がありますので、アルファベット1文字か2文字ぐらいに留めておくほうがいいかと思います。
入力が終われば「Create user」をクリック

③権限の設定
Assign privileges

一応UsernameとDatebase Nameを確認して「Assign Privileges」をクリック
以上でMySQLデータベースの作成は終了です。

WordPressのインストール手続きの際に
今回設定した
データベース名MySQLユーザー名パスワードが必要となってきますので控えておきましょう。

データベースの作成が終りましたので、続いてWordPressのインストールを行います。

続き

WordPressの使える無料サーバー目次

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus