toggle
2017-01-11

東プレキーボードREALFORCE 91UBK-Sでキーボードカバーを試してみる

現在、2台のノートパソコンを使っておりそれぞれ外付けのキーボードを接続して操作するようにしています。
メインはHappy Hacking Keyboard Professional JP Type-S(以下HHKB)、もう一つはFilco Majestouch2 テンキーレスの茶軸という布陣。

だったんですが、どうもメカニカルキーボード茶軸のカチャカチャ感(カチカチ感)より、HHKBのスコスコ感のほうが手に馴染みがよく、結局Filco Majestouch2を東プレのREALFORCE 91UBK-Sと買い換えました、というのが現在の状況。なおこのREALFORCE 91UBK-Sもテンキーレスで静音タイプです。

dsc02489_r

HHKBは東プレからOEM提供されているものであり、ある意味REALFORCEが本家みたいなものなので打鍵感がそっくりなのも当たり前。かなり快適です。

キーボードカバーを検討

で、今回年末年始で掃除をしていたときにふと思いつき、このREALFORCE 91UBK-Sにカバーをつけてみることにしました。

ノートパソコンの場合は、それぞれの機種にあったキーボードカバーがたいていあります。ですので探して型の合うものを見つければいいのですが、REALFORCEやHHKBの場合、専用のキーボードカバーはありません。

HHKBなどはキーボードルーフという保護カバーは存在しますが、これは常時かぶせて使用するものではなく、使わないときに埃などから保護するためにかぶせておくものです。

ちょっと今回考えている用途とは違います。

そもそもHHKBやREALFORCEに純正キーボードカバーなどがないのは、あまり公式でそういったものの使用が推奨されていないからっぽいです。

というのも、このあたりのいわゆる高価格帯キーボードは打鍵感にかなりのこだわりがあり、研究され尽くして完成しています。そこへカバーをかぶやせてしまうと明らかに押し心地やキータッチが変わってしまうので、推奨はされていないのでしょう。

シャワーキャップタイプのキーボードカバーを購入

とはいえ、試してみたくなったのでシャワーキャップタイプのキーボードマルチカバーを購入してみました。

dsc02482_r

触ってみたところ薄いナイロン地のような感触。見たところすぐ破れそうな印象を持ってしまいますが、実際に触って引っ張ったりしてみると結構頑丈。わりと長持ちしそうなカバーです。

こう見てみると本当にシャワーキャップ。

dsc02490_r

REALFORCE 91UBK-Sにかぶせてみました。

dsc02495_r

dsc02497_r

写真で見るとたるみがあるように写っていますが、もう少し押し込んできっちりはめると形としてはぴったりになります。

さてカバーをした状態で感触はどうなのかという話ですが、たしかに指触りは変わります。元々REALFORCE 91UBK-Sはキートップで指を滑らすとちょっと引っかかるような感触がありましたが、それがサラサラした感触に変化。

打鍵感に関しても当然ながらカバーなしに比べて同じというわけにはいきません。ただここはもう好みの問題になってくるので、良し悪しについてはなんとも言えないところです。

とりあえず、埃やうっかり飲み物をこぼしてしまったなどの汚れから十分に保護してくれることは確か。防塵カバーとしては問題なし。

ただ黒色のキーボードにかぶせるとあんまりイケてない見た目になってしまうので、使い続けるかどうかは思案中です。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus