toggle
2016-09-13

WordPressのデフォルトタグウィジェットで表示されるタグクラウド数の上限数を変更する方法

WordPressで記事を分類する方法にはカテゴリーとタグの2種類あります。使い分けに関しては人それぞれでいいと思いますが、基本的には一つの記事に対してカテゴリーは1つ、タグは複数という使い方をしている人が多いのではないでしょうか。

wp-cloud_r

ブログによってはタグをタグクラウドとしてサイドバーなどに表示させているのをよく見かけます。

WordPressには標準でサイドバーなどのウィジェットスペースにタグ一覧を表示できる「タグクラウドウィジェット」があります。

20160910_001

これを使えばタグクラウドの設置は簡単。

20160910_002

デフォルトタグクラウドでは表示できるタグの上限数は45

ただひとつ問題点があります。それは一覧表示することのできるタグの数の上限が決まっているということです。上限は45。

45以上のタグを使っていた場合タグクラウドには表示されません。しかもWordPressの管理画面でこれを変更することができないのです。

ちなみにタグ管理に関係するプラグインは数多くありSimple tagsなどはかなり有名。
Simple Tags — WordPress Plugins

20160910_003

このSimple Tagsを使えばタグ表示の上限数の管理も結構簡単にできたりします。

20160910_004

ならばそれで解決だという話になりますが、それがあまり好ましくないこともあります。というのもプラグインを使って追加したウィジェットを表示させると、そのWordPressのテーマ本体のCSSとプラグインで設定されたCSSがかち合って、デザインがそこだけおかしくなることが多いのです。

これは別にSimple Tagsに限った話ではなく、他のプラグインでもよくあります。そこでさらにどちらかのCSSをカスタマイズしてデザインを馴染ませるということができればいいですが、そんな技術がない人間にとっては無理な話。

となると残る手段は、プラグインを使わずにデフォルトのタグクラウドの上限数を変更する方法を探すことになります。

タグクラウドの表示上限数を変更する方法

先日ちょっと必要なことがあったので、このタグ表示の上限数を変更する方法を探したところ、WordPressのフォーラムで解決策が書かれていたので試してみました。
トピック: タグクラウド数の上限はあるのですか? « サポートフォーラム — WordPress

以下、その手順。

まずWordPressの構成ファイルのなかにあるcategory-template.phpというphpファイルを探します。ドメイン直下にWordPressをインストールしているなら場所は下記のところ。

ドメイン名/wp-includes/category-template.php

ちなみに似た名前のcategory.phpというファイルがありますがそれではありません。category-template.phpです。

20160910_005

そのcategory-template.phpを開き、「function wp_tag_cloud」という文字列を探します。

20160910_006

そこの「$defaults = array」の中にある「’number’ => 45,」となっているのがタグの上限数です。

20160910_007

これを100とか適当な大きい数値に書き換えればOK。

20160910_008

書き換えた後、保存すればタグクラウドの表示上限数が変更されます。

WordPressのバージョンアップに注意

1つ注意点。
このcategory-template.phpはWordPressの本体ファイルなので、WordPress自体のバージョンアップをすると上書きされてしまい、また上限値が45に戻ります。

ですのでWordPressのアップデートのたびに書き換えが必要になります。

スポンサードリンク

タグ:
関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus