toggle
2014-09-08

ゆうちょダイレクトのトークン(ワンタイムパスワード生成機)を使って振込手続きをしてみた

金融機関におけるセキュリティ強化が叫ばれる中、ゆうちょ銀行のオンラインバンクであるゆうちょダイレクトが振込手続きなどで使用するトークン(ワンタイムパスワード生成機)の無料配布が開始されています。

自分も早速入手し、過去にトークンの申込から受け取りと最初の設定まで記事にしています。

ただトークンを手に入れたはいいものの、ゆうちょ銀行自体をあまり動かしていなかったこともあり今まで使用する機会がほぼなし。

せっかくトークンが手元にあるのだからいつか使ってみたいと思っていたところ、今回ゆうちょダイレクトより振り込む用事ができたのでさっそく活用する事にしました。

以下、手順メモ。

まずはゆうちょダイレクトにログイン。
相変わらずゆうちょのログインは面倒です。
株式会社ゆうちょ銀行

ログイン後、今回は他の銀行に振り込むので「他金融機関あて振込」

相手先の金融機関の名前など入力し、

進んでいくとトークンの「1」ボタンを押し、表示させたワンタイムパスワードを入力せよとの指示。

その通りにやってみます。

表示されたパスワードを入力し「実行」

振込手続き終了。

手続きがちゃんと終了していれば完了のメールが届きます。

以前はゆうちょダイレクトで振込手続きをする場合にはインターネット暗証番号などの入力が必要でしたが、それがワンタイムパスワードに置き換わった形です。
やってみるとこっちの方が楽。

口座がたくさんあるとトークンの管理も面倒になってくるかと思いますので、手放しで勧めるものでもありませんが、トークンを利用しての振込手続きもそんなに手間がかかるわけではありませんので、これはこれでいいのではないかと思います。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus