toggle
2013-10-29

大阪府行政書士会で正副支部長合同会議が開催されたので参加してきました

大阪府行政書士会各支部の支部長及び副支部長が集まる正副支部長合同会議が開催されましたので参加してきました。

開催場所は大阪府行政書士会(以下、本会。)。
大阪市中央区瓦町にある瓦町ビルディングにあります。
なお、この所在地についてはいずれ移転する予定です。

自分の場合、本会に足を運ぶのは年に数回あるかないかという状態なので、毎度場所がよくわからなく事前に地図で確認してから行く事にしています。

何しろビルに目立った看板等は設置されていない状態ですし。
あくまでこの住所は暫定的なので。

堺筋本町の駅で降りて少し歩き、今回は迷うことなくなんとか到着。

本会の事務局等があるのは瓦町ビルディングの4階です。

到着。

会場は大会議室のようです。

ちょっと早めに来たつもりでしたが、もうすでにかなりの先生方が来られていました。みなさん時間には正確です。

そうこうしているうちに合同会議の開始時刻がせまってきます。

大阪府行政書士会には、地域ごとに合計16支部があり、それぞれに支部長や副支部長等の役職者がいます。

こういった役職者は支部内の様々な事務処理や運営業務(支部内の研修、厚生行事、広報活動など)を行っていく訳ですが、それに対してそれなりの報酬や手当をもらえているかといえばそんな事はありません。

もちろん経費としていくばくかの金額はもらえます(支部によって違います)が、費やしている時間や作業量からすれば割に合っているところはないでしょう。

ボランティアに近いような形でほぼ手弁当みたいな状態。

そんな状況でありながら自身の通常業務の合間をぬってこういった会の仕事もこなしている訳ですから、平たくいってしまうと皆さんすごい良い人ばかりです。

特に禄に報酬も貰っていないなかで、一部の士業独特の面倒臭い人間の相手をしなければいけないあのストレスを担っている点については本当に頭が下がります。

といっても行政書士の9割以上はみなさん優しくて頭の良い人ばかりですけどね。(エスケープテキスト)。
ごく一部がちょっと・・。
まあそのあたりは置いておくとして。

さて。
今回の正副支部長合同会議の目的は各支部間での情報交換です。
支部運営に関するやり方や考え方は統一されたものではなく、それぞれの支部が独自に行っています。

例えば無料相談会をかなりの頻度で行っている支部もあれば、年に数回しか行っていない支部もあったり。また広報誌なども全会員に郵送しているところもあれば、支部のサイトにPDFファイルを置いて見たい会員だけがダウンロードして見る形式にしているところもあったりなど。

大阪も広いので違う地域の支部がどうやっているのかを知る機会はそんなにありません。知ったからといって他支部のやっている事をそのまま取り入れるかといえばそれはそれで難しい部分もありますが、情報量が多ければ考える幅が広がります。

そういった意味でこの合同会議は非常に興味深いものでした。
今回自分は初参加でしたが、面白いものを見られたり聞けたりしたおかげなのか時間が過ぎるのが早かったです。

トータル3時間に及ぶ会議が終了し、外に出てみればすっかり暗くなっていました。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus