toggle
2013-05-26

ChainLPで挿絵付きの青空文庫を縦書きPDFに変換する方法

前回の記事で青空文庫をSony Readerで読みやすく縦書きPDfに変換する方法について書きましたが、少しそれに関連する事柄について。

青空文庫は本来テキストファイルのみで構成される形式の為、画像ファイル(挿絵)が含まれていません。

これは本文と写真や挿絵の著作権者が違う事などが原因でした。しかし現在では権利に関して問題がないとされている挿絵については、本文と一緒に公開されています。

Sony Reader PRS-505
Sony Reader PRS-505 / Zeitfixierer

ChainLPで挿絵付きの青空文庫をPDFに変換する方法

前の記事の通り、テキスト(文字)のみの青空文庫であれば、ChainLPに普通に読み込んで出力すれば縦書きPDFができあがります。

しかし青空文庫形式のファイルの中には挿絵(画像ファイル)が含まれているものもあります。
この場合であっても、ChainLPを使用すれば望む場所に挿絵が挿入された状態で縦書きPDFを作成する事が簡単にできます。

方法は

青空文庫形式のファイルと同じフォルダにimgという名前のフォルダを作成します。

2013y05m26d_180815307

imgフォルダの中には、わかりやすいように連番でも振っておいた画像ファイルを設置。

2013y05m27d_012049500

そして青空文庫形式のテキストファイルの中にこのような相対パスを書き込みます。このパスが記述された場所に、該当する挿絵が挿入されます。

2013y05m26d_181103944

以降は通常通りテキストファイルをChainLpで読み込み、差し込まれる場所を確認しつつ変換して出力。

これでパスが記載された場所へ挿絵の画像が追加された縦書きPDFが完成します。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus