toggle
2013-05-20

Sony Redaer PRS-T2を入手したのでついでにブックカバーとMicroSDHCカードを買ってみた

先日電子ブックリーダーのSONY Reader PRS-T2を入手した件を記事にしましたが、普段使いで持ち歩く為にその他の備品も取りそろえてみました。

P1010623

まず32GBのMicroSDHCカード

Reader PRS-T2の内蔵ストレージの記憶容量は2GB(そのうち使用可能なのは約1.3GB)です。自炊データのように数十MB以上ある大きめのファイルを放り込む事を考えると、少し心許ない容量です。

その代わりSony ReaderはSDカードを挿入するによって手軽に記憶領域を拡張する事ができます。

手持ちの4GBのMicroSDカードでもいいかなと思ったのですが、PC内の自炊データが考えていたよりもたくさんあったので後から変更するより最初から多めに確保しておこうということで、最大値32GBのmicroSDHCカードを購入しました。

P1010626

注)アダプタは付属していません。

何年か毎にこういったPCサプライを購入しますが、いつの間にか大容量のでも値段が想像以上に下がっていて驚かされます。16GBくらいのSDHCカードなら1000円切るものもあるぐらい。

SDカードの場合、Classやブランドによって性能は変わってきますが、とりあえずこれで問題なく使えています。

Reader PRS-T2用のブックカバー

続いてPRS-T2用のカバー。
やはりカバンに突っ込んで持ち運ぶ事を考えると素のままでは何かと危険なので、ケースなりカバーなりが必要となってきます。

購入時に純正のケースがついてきますがそれはなかなか使いづらく、あまり実用的ではありません。そこでネットで物色した結果、よさそうなものがあったので購入してみました。

P1010636

こちらのカバーはこのようにReader本体を上から差し込んで使用します。

P1010638

差し込み口には返しのようなベロがあり、これを一緒に織り込む事で仮に逆さまになっても飛び出ないようになっています。

P1010644

Reader用のカバーには色々種類がありましたが、購入のポイントとなったのはこのスタイラスを差し込めるホルダーが付いていた事です。

P1010653

他にもSony純正のブックカバーなどありますが、このスタイラスペンのホルダーが付いているものは見あたりませんでした。

自分は画面を直接タッチするのがあまり好きではありませんので、Androidタブレット等でも結構スタイラスを使います。その為このReaderにおいてもタッチペンの携帯は必須となり、ホルダーは絶対条件だったのです。

また持ち運ぶ電子書籍のジャンル毎にmicroSDカードを使い分けている人もいると思いますが、そんな時のために複数のSDカードを入れておけるポケットも用意されています。

P1010654

全部セットするとこんな感じになります。

P1010663

ブックカバーのホルダー(留め具)が左側についているのが珍しく感じますが、カバーを後ろに回して折りたたんだ時ベルトが画面に干渉しないようになっているので、あえて左側に設計してるのではないでしょうか。

P1010665

その他カバーを装着したまま充電や電源のオン/オフが行えたり、ボタン類もそのまま操作できるのでまさに専用設計。
カバーをつけたままMicroSDカードの交換はできませんが、そこは仕方ないでしょう。

さすがに値段が安いだけあってものすごい高級感というのはありませんが、普段使いである程度雑に扱うことも考えるとちょうどいいように思います。
そこまで安っぽくも見えませんので結構いいんじゃないでしょうか。

P1010672

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus