toggle
2011-12-08

無料サーバーland.toにMovable Typeをインストール4

land.to

前回の記事の続きです。
無料サーバーland.toにMovable TypeOSをインストールする手順その4

Movable TypeOSのインストール

前回の記事でサーバーへMTOSのファイルをアップロードしました。
続いてインストールウィザードを利用し、対話形式でインストールを進めます。

まずは

http://□□□.○○○.land.to/mtos/mt.cgi へアクセス
      ↑↑割り当てられたアドレス
(アドレスは登録時のメールに記載されています)
※インストールウィザードはMTOSのバージョンによって少し違います。

今回はMTOS4の場合の説明です。また時間帯によってはものすごく重い時がありますので、ゆっくり進めていきましょう。あまりに重すぎて途中でページが表示されなくなることもありますが、その時は再読込です。

【MTOSへようこそ】という画面が表示されるので「開始」をクリック

ようこそ

システムチェック画面が表示されます。
「次へ」をクリック

システムチェック

データベース設定画面
データベースの種類から【PostgreSQLデータベース】を選択

データベース選択

このような画面が表示されるので、それぞれ入力していきます。

データベースの設定

データベースサーバ → localhostのまま
データベース名  → アカウント名
ユーザー名    → 上記と同じくアカウント名
パスワード    → land.toへログインするパスワードと同じもの

入力が終われば「接続テスト」をクリック
うまくいけば【データベースの設定を完了しました】と表示されます。

「次へ」をクリック

データベース完了

次にメール設定ですが、land.toサーバーでは現在sendmailによる送信が出来ません。その為ここはそのまま「次へ」をクリック

メール設定

【Movable Typeの設定を完了しました】と表示されます。「次へ」をクリック

設定完了

MTOSのアカウント作成を行います。

アカウントの作成

ユーザー名 → 任意のユーザー名を入力
表示する名前 → プロフィールに記載されます。任意のものを入力
メールアドレス → メールアドレスを入力
メールに関してはチェックをいれなくてもいいです。
使用言語  →  日本語
パスワード →  MTOSにログインする為のパスワードです。任意のものを入力
パスワード再入力 → 上記で入力したものをもう一度

全て入力が終われば「次へ」をクリック
【最初のブログを作成】(MTOS4なので「ブログを」と表示されます)

最初のブログを作成

・ブログ名
最初のブログの名前もしくはタイトルを入力します。

・ブログURL
ブログを公開するサイトのURLを入力します。

例)
http://□□□.○○○.land.to/blog/  など。

・公開パス
ブログのメインページである「index.html」へのパスを指定します。ブログURLと同じディレクトリを指している必要があります。

例)land.toの場合で公開パスを↑上記のようにしているのなら

/home/httpd/アカウント名/public_html/blog/

入力が終われば「インストール」をクリック

【インストールを完了しました】と表示されれば「Movable Typeにサインイン」をクリック

インストール完了

先程設定したユーザー名とパスワードを入力し、「サインイン」。

サインイン

これでインストールは完了です。
管理画面にログイン出来るようになります。

管理画面

http://□□□.○○○.land.to/blog/にアクセスして何も表示されないようなら、一度再構築してみて下さい。

WordPressの使える無料サーバーまとめ

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus