toggle
2016-12-27

UpdraftPlusで複数サイトのバックアップデータをGoogle Driveに追加保存するときの手順メモ【WordPressプラグイン】

現在、WordPressサイトのバックアップにプラグインUpdraftPlusの有料版を使っています。一度設定してしまえば後は定期的にサイトを丸ごとバックアップしてくれるので手軽で安心。

67112_r

UpdraftPlusは単にバックアップデータを作成するだけでなく、そのデータを自動的に様々なクラウドストレージにアップロードしてくれます。

アップロード先もDropbox、Amazon S3、Copy.com、Google Drive、Microsoft OneDriveにその他たくさん。自分の場合はGoogle Driveに複数サイトのバックアップを保存するようにしています。

無料版のUpdraftPlusではGoogle Driveに複数サイトのバックアップデータをアップロードすると、全部一つのフォルダ内に格納されますが、有料版でサイト毎に格納するフォルダ名を変更することができるので、ごちゃごちゃになることがありません。

UpdraftPlusでGoogle Driveの保存するには事前準備が必要

UpdraftPlusでGoogle Driveに保存するためには、Google API Consoleでプロジェクトを作成したりAPIを有効化したりと多少の事前準備が必要です。これが慣れないと面倒ですが、ネット上を探せば解説してくれているブログなども見つかりますので、それを頼りにやっていけばなんとかなります。

自分が調べたときは下記のブログが一番参考になりました。
WordPressバックアップはUpdraftPlusで自動化しよう | Gabekore Garage

複数サイトをGoogle DriveにバックアップしたいときはクライアントIDの追加作成が必要

ただ新規に設定する方法はわかったのですが、複数のサイトをGoogle Driveに保存するときの後からクライアントIDを追加する方法がよくわからなかったので、その後いろいろと検索。

まず前提条件として、UpdraftPlusでGoogle Driveにバックアップデータを保存できるようにするには以下の手順が必要になります。

Google API Consoleでプロジェクトの作成

Google DriveのAPIを有効化

OAUTHクライアントIDを作成

クライアントIDとクライアントシークレットが生成される

クライアントIDとクライアントシークレットをUpdraftPlusの管理画面に入力

最初は、バックアップするサイトを追加するたびに新しくプロジェクトを追加しなければならないのかと思っていましたが、そうではありませんでした。プロジェクトは既存のものをそのまま使い、OAUTHクライアントIDだけを追加で作成するという方法になります。

以下その手順について自分用メモ。

クライアントIDを追加作成する手順

新しいWordPressサイトでUpdraftPlusを利用してGoogle Driveにバックアップデータを保存したいとき。別サイトではすでにUpdraftPlusを使ってGoogle Driveに保存する設定を行っており、同じGoogleアカウントを利用するものとします。

WordPress内のUpdraftPlusの管理画面で保存先にGoogle Driveを選択。

20161226_001_r

「あなたのGoogle APIコンソールには、このリンクをたどって、そのドライブのAPIを有効にし、APIアクセスセクションのクライアントIDを作成ます。」のリンクをクリック。

20161226_002_r

Google API Consoleのダッシュボードに飛びます。
すでにバックアップ用に作成しているプロジェクトを選び、左サイドバーの「認証情報」をクリック。

20161226_003

これで認証情報画面が表示されます。
過去に作成したOAuthクライアントIDが並んでいます。ここに新たに今回のサイトバックアップ用のクライアントIDを追加していくことになります。

20161226_004

「認証情報を作成」をクリック。
表示された一覧のなかから「OAuthクライアントID」をクリックします。

20161226_005

クライアントID作成画面では「ウェブアプリケーション」にチェック。名前は判別がつくものを。自分の場合はバックアップするサイトのドメイン名を絡めたものにしています。

20161226_006

「承認済みのJavaScript生成元」にはバックアップするサイトのURLを入力、「承認済みのリダイレクトURL」にはWordPressのUpdraftPlus管理画面に記載されているリダイレクトURLを入力。

20161226_007

リダイレクトURLはこれ。

20161226_008

あとは下の「作成」を押せばクライアントIDとクライアントシークレットが生成されます。それをコピーしてWordPress内のUpdraftPlus設定画面へコピー。そこから先のリクエストを許可したり等の手順は一緒です。

20161226_009

今の手順でOAuth2.0クライアントIDが追加されているのがわかります。

20161226_010

今後新しくバックアップするサイトを追加したいときはこの「OAuthクライアントID」を作成する手順を繰り返しましょう。サイト毎にクライアントIDとクライアントシークレットの発行が必要になります。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus