toggle
2018-05-14

有線イヤホンSoundPEATS B90は低価格ながらハイレゾ対応高音質でコスパ最強かも

一昔前はウォークマンiPodなど専用機で持ち運びながら音楽を聞く人も多かったように思いますが、現在その役目はスマホに完全に取って代わられています。

スマホで音楽を聴くとなると必要になってくるのがイヤホン。さすがに外で音楽を垂れ流すというわけにもいきませんので。
最近ではBluetooth接続できる無線イヤホンが多くなり、物理的にケーブルが絡むこともなく(そもそもケーブルがない)、どんどん便利になってきています。iPhoneも7からイヤホンを差し込むイヤホンジャック自体がなくなってしまいましたね。

とはいえBluetoothイヤホンにもデメリットはあります。
一つは充電しなければいけないこと。もう一つはBluetooth接続の設定を最初にしなければいけないこと。

ある程度慣れていればスマホやタブレットと他のデバイス間でのBluetooth接続なんて、マニュアルを見なくても出来てしまうくらいですが、これが出来ない人は本当に出来ない。
困るのが、そんな人にちょっとイヤホンをプレゼントする場合。
接続だの充電だの説明してもなかなかしてくれません。

そんな場合にはやっぱり今でも有線イヤホンが便利です。何しろイヤホンジャックに挿すだけ。別途充電の必要なんてなし。

そんな訳で今回は、いつもお世話になっているSoundPEATS様より有線カナル型イヤホン B90を提供していただいたのでレビューです。

セット内容

内容物は

  • B90 ワイヤードイヤホン本体

  • 交換用イヤーピース

  • 収納バッグ

  • コードクリップ

  • ユーザーガイド

有線イヤホンといえば鞄で持ち運ぶ際にゴチャゴチャしそうな感じがありますが、収納バッグがついているのでコンパクトにまとめることが可能です。

使い方・マニュアル

使い方は非常に簡単。イヤホンジャックに挿すだけです。

コードのこの部分はマイクになっており、実は通話も出来たりします。

同じ部分の裏側で音量の上げ下げ、真ん中のマルチファンクションボタンを使って再生・一時停止の操作も可能。

残念ながらマニュアルは全て英語。しかしそもそもスマホなどのデバイスに挿せばそのまま使えるものなので説明書無しで何の問題もありません。

使い心地

カナル型なのでそれなりに遮音性は高いです。電車での移動中や人込みの中でも周りの雑音が気になりません。そして中高音域が聞き取りやすく、人の声がよく聞き取れる印象です。音声教材やドラマCDなど「声」を聞くことに重点を置いている音源にはぴったり。

さらにハイレゾ対応なのでハイレゾ音源を持っているならこのイヤホンの能力を十分に引き出せるでしょう。

とにかく音がいいです。コンビニで売っているようなイヤホンと聞き比べてみるとその違いは歴然。正直なところ1万円台のイヤホンと勝負しても引けをとらないんじゃないかと思うくらい。

さらに特筆すべきはワイヤーの素材に工夫が凝らされているところ。
有線イヤホン特有のケーブルの擦れや絡まりが起きにくくなっています。鞄の中に放り込んでいても取り出してすぐに使用する事ができ、ストレスフリー。

Bluetoothイヤホンをずっと使っているので、あまり有線イヤホンには馴染みがなくなっていましたが、いつの間にやらものすごくコスパも良くなり進化しているようでした。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus