toggle
2016-11-05

Blutoothスピーカー SoundPEATS P2は小さいのに頑丈で水にも強い

SoundPEATS様よりBluetoothスピーカーP2の提供をいただいたのでレビュー。

dsc01865_r

見るからに頑丈そうな素材で覆われています。持ち運びに便利なサイズなので屋外利用も意識されているのでしょう。落下に対する耐性もあり。そしてIP65規格の防塵・防水性能。さすがに水の中に漬けては使用できませんが少々水滴がかかっても大丈夫な作りです。

以前に提供していただいたSoundPEATS P3のモノラル版ですね。

外観・内容物

結構がっしりしているせいか箱ごと持つとずしっとしてます。

dsc01837_r

同梱されているのはP2本体、充電ケーブル、オーディオケーブル、説明書。

dsc01839_r

説明書は英語のみ。
ただそこまで複雑な操作の必要な機器ではありませんので、説明書無しでも普通に使えます。

最近はこういった形のBluetoothスピーカーが非常に増えています。スペック的にはどれも似たような感じですが、比べるとまあまあ違いがあります。例えばOmakerのM4と並べてみるとこのSoundPEARTS P2のほうが一回り大きかったりします。

dsc01844_r

dsc01846_r

充電

バッテリー駆動なのでまずは充電。
側面にあるカバーをめくるとMicroUSBの差し込み口がありますのでここから充電を行います。

dsc01852_r

スマホ用のモバイルバッテリーでも可能。

dsc01856_r

満充電から10時間の連続再生可能。

電源・ペアリング

操作ボタンは本体の上部に4つ。左側から電源、音量小、再生・停止、音量大となっています。電源をオンにするには左端の電源ボタンを2秒以上長押し。

dsc01851_r

電源オフも同じボタンを長押しでOK。

電源オンになれば自動的にペアリングモードになります。このときに接続したいデバイスを近くにおけば接続可能。「P2」という名前で表示されますので接続操作を行います。これで接続完了。

20161105_001

一度接続設定しておけば、次回以降は両方の機器の電源を入れるだけで自動的にBluetooth接続されます。

パソコンでもスマホでもどちらにも接続可能。

SoundPEATS P2の使用感

スピーカーbのサイズ自体はそこまで大きくありませんので取り回しがかなり自由です。かなり頑丈な作りなので少々あちこちぶつけても大丈夫。防塵防水性能から考えてもアウトドア使用などには最適ではないでしょうか。

dsc01861_r

さすがに何万円もするようなスピーカーと比べてしまえば同じというわけにもいきませんが音質も十分。

1点気になるとすれば、Bluetooth接続が成功したときにそれを知らせる音がなるのでですがこれがかなり大きいです。このお知らせ音の音量を調節することはできません。実はこれSoundPEATS P3でも同じ。おそらくそういった仕様なのでしょう。

静かな屋内では少しうるさいかなという感じ。その代わり屋外で使うときにはこのくらいの音のほうがいいのでしょう。

値段的にもそこまでしないこともあり、外で持ち運んだりお風呂場で音楽を聴いたりなどにはかなりおすすめのスピーカーだと思います。

スポンサードリンク

関連記事

このブログの更新情報を配信しています!

follow us in feedly RSS twitter facebook google plus